ドメーヌアルマンルソーリュショットシャンベルタンGC クロデリュショット 2011 年≪モノポール フランス ブルゴーニュ赤 楽フェス ポイント2倍 大得価,人気

≪モノポール≫ ドメーヌ・アルマン・ルソー リュショット・シャンベルタン グラン・クリュ クロ・デ・リュショット 2011年 ■ドメーヌ・アルマン・ルソー■  ドメーヌ・アルマン・ルソーは、1930年代にブドウ園元詰めをはじめたこの歴史的 にも重要なジュヴレ・シャンベルタン村の大ドメーヌです。 14haの自社畑のうち8haまでグ ラン・クリュが占めるという素晴らしいドメーヌで あり、1959年より跡継ぎのシャルル・ルソーが、現在は息子のエリックと共に運営しています。 シャルル・ルソ ーは、樹齢の高いブドウ畑から低収量のワイン造り に努め、凝縮したワインを造っており、長い間最高の地位にあり、現在もなお、優れた品質で最高の域にあると評されています。 生産されているワインのいずれも試してみる価値があり、ブルゴーニュのきちんとした品そろえをするなら不可欠なつくり手であるとさえ言われています。 このドメーヌのワインは、若いうちからでも美味しく飲め、最も良いヴィンテージだと10年~15年は貯蔵でき、また、生産量も少なく入手の困難な逸品です。(・・・詳細&一覧) ■リュショット・シャンベルタン・クロ・デ・リュショット・グラン・クリュ■  ジュヴレ・シャンベルタンにある8つのグラン・クリュの中の1つのわずか3.3haの小さなグラン・クリュで、8つのグラン・クリュの中で、とっつきにくいと表現されるほどの強い骨組みと個性を放っています。 斜面の上方(リュショット・デュ・ドスュ1.99ha)と下方(リュショット・デュ・バ1.31ha)の2つの区画に区別され、日照が優れる上方にアルマン・ルソーが、1977年にネゴシアンのトマ・ソバから購入した単独所有(モノポール)の「クロ・デ・リュショット」があり、さほど濃密なタイプではなく繊細でミネラルに溢れるエレガントなワインを生み出しています。 ※ブルゴーニュ赤2011ヴィンテージ情報:   Domaine ARMAND ROUSSEAU / Ruchottes-Chambertin Clos des Ruchottes 2011 Bourgogne Red Dry ドメーヌ アルマン ルソー グラン クリュ リュショット シャンベルタン クロ デ リュショット 2011 生産者 ドメーヌ・アルマン・ルソー 生産地 ブルゴーニュ地方コート・ド・ニュイ地区ジュヴレ・シャンベルタン村特級畑リュショット・シャンベルタン単独所有畑クロ・デ・リュショット A O C リュショット・シャンベルタン・グラン・クリュ 畑面積 1.06ha所有  ブドウ品種 ピノ・ノワール 100% 収 穫 完全な手摘みで行い、傷んだブドウを計画的に選別し除去し、ブドウが潰れることを避けてデリケートに処理。(1haあたり30~35hlの伝統的な低収穫) 醗酵・醸造 伝統的な方法を用いて、90%除梗し、蓋なしのステンレス製の大桶で15日間の醗酵、通常のルモンタージュとピジャージュ、最高31~32℃に厳しく温度管理され、一度アルコール醗酵が終わると、圧搾機でデリケートに圧搾される。 その後、24時間静置し、オーク樽に入れ替え、冬の間にマロラクティック醗酵をするため貯蔵室に移す。 熟 成 ミディアム・ローストに処理されたオークの樽(新樽率20~35%)で、18~24ヶ月間熟成される。 諸処理 必要に応じて、熟成期間中の終わり頃に2~3回澱引きが行われ、時々、卵白によるわずかな清澄処理ととても軽いろ過処理を施された後、1年に2回、5月~6月と8月~9月に瓶詰される。 また、瓶詰は、アサンブラージュのあとに樽から直接重力を利用し、いつも温度管理された貯蔵室で行う。 タイプ 赤のフルボディ 特 徴 複雑な香りとスパイスや小さな赤い果実の要素があり、時には余韻にまでタンニンが現れますが、非常にエレガントでヴェルヴェットのような口当たりで素晴らしい品格で、飲み頃に入るまで8~10年はかかる長期熟成タイプ。 料理 チーズ 牛や子羊のパテ、鶏の赤ワイン煮など肉料理がよく合う。 チーズは、白カビソフトタイプのカマンベールやブリー、ウォッシュ・ソフトタイプのポンレベックやショーム、エポワースなどによく合う。 ドメーヌアルマンルソーリュショットシャンベルタンGC クロデリュショット 2011 年≪モノポール フランス ブルゴーニュ赤 楽フェス ポイント2倍 大得価,人気

ドンペリニヨン 2005 年 白 750ml ギフト箱入り スパークリングワイン 楽フェス ポイント2倍 品質保証,本物保証

★この人目を惹く贅沢作品は シャンパーニュ界のオートクチュール★ モエ・エ・シャンドン ドン・ペリニョン 2005年 ■モエ&シャンドン■  モエ&シャンドン社は、エペルネ最大手のひとつであり、現在はフランス最大のシャンパーニュ・ハウスとして、LVMH(ルイ・ヴィトン・モエ・ヘネシー)の中核を成し、年間生産量の80%が世界150カ国に輸出され、年間2万5000本の販売量を誇ります。 1743年クロード・モエによって創立され、後にモエ家と姻戚関係にあったシャンドン家が経営に加わり、モエ・エ・シャンドン社となり、1797年ドン・ペリニョンが従事していたオーヴィレール修道院とブドウ畑を手中にしました。 1970年代初めにリュイナール、メルシェを傘下に、1971年にコニャックのヘネシー社とグループの中核を成し、既にアンリオとヴーヴ・クリコを傘下にしていたルイ・ヴィトン社と1978年に手を組みシャンパーニュ産業での帝国を築いています。 また、カリフォルニアにドメーヌ・シャンドン、オーストラリアにドメーヌ・シャンドン・オーストラリア、スペインにドメーヌ・シャンドン・スペイン(トッレ・デル・ガル)らワイナリーを造り、カリフォルニアとオーストラリアではシャンパーニュ方式のスパークリング・ワイン、スペインではカヴァを生産し積極的に海外進出も行っており、またF1レースの表彰台に上る勝利の美酒として用いられていることも良く知られるところです。(・・・詳細&一覧) ■キュヴェ・ドン・ペリニョンの誕生■  ドン・ペリニョンは、日本人にとって最も馴染みの深いプレステージ・シャンパーニュであり、モエ・エ・シャンドン・シリーズとは別個の独立したブランドで、モエ・エ・シャンドンのスタイルとは異なる、独自のアイデンティティーとスタイルを持つシリーズで、当たり年のブドウのみを使用して醸造され、7年から8年の熟成を経たワインがドン・ペリニヨンの銘柄となります。 その後のペルシア帝国2500年を記念してペルセポリスで1971年10月15日に執り行われた壮麗な式典で最初に登場し、参列していた各国の首脳たちに、キュヴェ・ドン・ペリニヨン・ロゼは熱狂的に歓迎されたのです。 ハリウッド女優のマリリン・モンローは1953年ヴィンテージを好み、1952年のエリザベ ス英女王即位式、そして1981年のチャールズ英皇太子とダイアナ妃の結婚式でも、キュヴェ・ドン・ペリニヨンは公式のシャンパンとされ、1989年のパリ・サミットのように、フランス大統領がエリゼ宮で主催する公式の晩餐会でも、キュヴェ・ドン・ペリニヨンのシリーズが用いられ、いまや、また、国際行事には欠かせぬ飲み物となりました。 キュヴェ・ドン・ペリニヨンは、「太陽王ルイ14世」の時代に約50年間をオーヴィレール修道院の修道士(会計係兼セラー・マスター)として暮らし、その76年の生涯を彼自身の厳格さと直観力、観察力と理解力とを組み合わせで発泡性ワイン、シャンパンの完成に捧げたドン・ペリニヨン(1639~1715)自身の精神を引き継いで名付けられています。 現在はこの飽くなき探求家の生涯と研究を記念する博物館が建てられており、彼の遺品や資料、またシャンパーニュ草創期の器具などが展示され、醸造所の内部が再現され、また、今日、彼の完璧を目指すたゆまぬ努力こそが、キュヴェ・ドン・ペリニヨン・シリーズの創造と生産の支えとなる、基本的な 精神である点は現在も変わっていません。(・・・一覧) ※正規輸入元取り扱い品です。 Moet et Chandon / Dom Perignon 2005 Champagne White Dry モエ エ シャンドン ドン ペリニョン 2005 生産者 モエ・エ・シャンドン社 生産地 シャンパーニュ地方エペルネ市 AOC シャンパーニュ 品種比率 全てほぼ100%に近いGrand Cru畑産の上質なブドウのみ使用。 平均:ピノ・ノワール40%とシャルドネ60% (※ピノ・ムニエは早熟向きなので用いない) 熟 成 28ヶ月~30ヶ月と長め タイプ 濃厚な辛口の白の発泡酒 特 徴 膨らみのある果実味に溢れ、ヴォリューム感も備え、とてもクリーミーな泡立ちと素直な喉越しの気品に満ちたスタイル。 料 理 コクがありしっかりしたタイプには、仔牛や若鶏のローストなど白身の肉料理や中華料理の甘酢あんかけともあう。 ドンペリニヨン 2005 年 白 750ml ギフト箱入り スパークリングワイン 楽フェス ポイント2倍 品質保証,本物保証

エラスリスマックスレゼルヴァピノノワール 2011 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 大得価,HOT

★甘い芳香、爽やかな酸味、滑らかな口当たり★ ヴィニャ・エラスリス マックス・レゼルヴァ・ピノ・ノワール 2011年 ■ヴィニャ・エラスリス■  ヴィニャ・エラスリスは、1870年にマキシミアーノ・エラスリス・バルディビエソが、サンティアゴの北に位置するアコンカグア・ヴァレーの小さな町、パンケウエに買った土地に創設したワイナリーで、今日では、チリを代表するTOPワイナリーのひとつであり、自社畑の手摘みで収穫したブドウのみ用い、栽培・醸造・熟成・瓶詰めまでの管理を一貫して行っている非常に珍しい(チリにおいて)存在です。  現在、直系の子孫であるチャドウィック家が経営に当たり、当主を務める5代目エデュアルド・チャドウィック・エラスリス氏の管理の下、1991年には自社のプレミアムワインを世界にリリースして注目を集める一方、イギリス、ドイツ、アメリカへの輸出も成功させ、ヴィーニャ・エラスリス社は、ファインワインの生産に専念する数少ないチリのワイナリーとしての位置をゆるぎないものとしていきました。 初代のドン・マキシミアーノの精神とともに引き継がれ、様々な品種の試験栽培や、カリフォルニアのロバート・モンダヴィ家とジョイントを組み、カリテラやセーニャなど新しいワイナリーの創設も意欲的に行われています。(・・・詳細&一覧 ) また、 「Winart第3号《特集・チリワインのベストを探せ》」 にワイナリー紹介された8つのワイナリーの中に掲載されるなど高い評価を受けています。 ■マックス・レゼルヴァ■  ≪マックス・レゼルヴァ≫は、アコンカグア・ヴァレーに自社所有するマックス・ヴィンヤードに因み名づけられ、また、マックス・ヴィンヤードの名はエラスリスの創立者であるドン・マキシミアーノ・エラスリス翁に敬意が込められています。 これらマックス・ヴィンヤード(現在、I ~ VII )のブドウ園から、正確なブドウ栽培と専門のワイン造り、そして際限のない情熱を通じて、国際的な名称としてチリとアコンカグアの潜在能力を示すために生まれました。 現在、≪マックス・レゼルヴァ≫のシリーズは、5つの赤ワイン(カベルネ・ソーヴィニョン、メルロ、カルメネール、シラー、ピノ・ノワール)と2つの白ワイン(シャルドネ、ソーヴィニョン・ブラン)が造られています。 マックス・レゼルヴァ・ピノ・ノワールに用いるブドウは、アコンカグア・ヴァレーのマックス・ヴィンヤードではなく、フンボルト寒流が流れる太平洋から32kmの地点にある、カサブランカ・ヴァレーの ラ・エスクルトゥーラ・エステート で栽培されています。 ※ラ・エスクルトゥーラ・エステート La Escultura Estate (From Casablanca valley)   カサブランカ・ヴァレーは、1990年代に高品質な白ワイン用生産地として開発され、砂質のローム層で樹勢が低めになる土壌で、また、夏でも最高気温が 26℃程と涼しく、太平洋から流れ込む冷たい海風によって、ブドウはゆっくりと成熟するため、酸をしっかりと保ちやすく、そのため、厚みと酸のボリュームがバランスするようなブドウが育ちます。  *植樹品種:白/ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネ、             セミヨン、ゲヴュルツトラミネール          赤/ ピノ・ノワール  *ワイン:マックス・レゼルヴァ・シャルドネ、 マックス・レゼルヴァ・ピノ・ノワール   また、エラスリスでは、長年の課題としていたピノ・ノワールの品質向上を長年の課題としていました。 そこで、醸造チームがブルゴーニュにわたり、コシュ・デュリやアンリ・グージュ、ルイ・ジャド等を訪問し、醸造面だけでなく、ピノ・ノワールの栽培について重点的に学び、理解を深めました。 また、『ラ・ロマネ』を所有する、ヴォーヌ・ロマネの名門リジェ・ベレールの7代目当主であり、かのアンリ・ジャイエ氏にアドバイスを受けたルイ・ミッシェル・リジェ・ベレール氏をコンサルタントとして招聘し、より繊細で気品あるピノ・ノワールのスタイルへと進化の歩みを始めています。(・・・マックス一覧 ) ※チリ2011ヴィンテージ情報:  チリの2011ヴィンテージは前年のように低気温と低収穫量に特徴づけられたものの、清潔な果実が収穫され、早期のリリースで新鮮味とエレガントな個性を示す赤ワインが誕生。 ※正規代理店取扱品です。 Vina Errazuriz / Max Reserva Pinot Noir2011 / Chile Red Dry エラスリス マックス レゼルヴァ ピノノワール 生産者 ヴィーニャ・エラスリス 生産地 チリ中央部アコンカグア地方カサブランカ・ヴァレー地区ラ・エスクルトゥーラ・ヴィンヤード D O カサブランカ・ヴァレー ブドウ品種 2011ヴィンテージ:ピノ・ノワール100%(ラ・エスクルトゥーラ産) 2011 生産工程 *手摘み収穫(2011年3月初めの2週間)。 *12kg容量の小さな箱に入れて運搬。 *丁寧に除梗。 *3~7日間の低温(8度)浸漬実施。 *上部開放式タンクでアルコール醗酵を計13~20日間実施(後醗酵マセラシオン/果皮浸漬含む)。 *フランス産オーク小樽(新樽率5%)で9か月間熟成。 タイプ 赤のフルボディ 特 徴 ブルゴーニュワインを思わせる硬質で透明感のある酸とミネラル、ふっくらとしてチャーミングな果実味との心地よいバランスを備えたスタイル。 料 理 ステーキやローストビーフのようなシンプルな肉料理やハンバーグ、豚の角煮や味噌炒めのような家庭料理にも相性が良い。 2011 ヴィンテージ 情報 アドヴォケイト誌ヴィンテージガイド:88点 WS誌ヴィンテージチャート(チリ赤ワイン):87~90点  チリの2011年シーズンは、著しく涼しくて曇りがちだったので、収穫量は低かったが、清潔な果実が収穫され、早期のリリースで新鮮味とエレガントな個性を示す赤ワインが誕生。 ワイナリーコメント *2011ヴィンテージ  ラ・エスクトゥーラの平均気温は、前シーズンよりも高く、過去3年間の平均よりも高いものでした。 いくつかの品種を観察したところ、2009年11月の低気温だったために、2010年の春に芽吹いた新芽の乏しい誘発の結果として主に生産量の減少が生じました。 この問題は、2010年の非常に寒かった春と結びついており、芽吹きや結実の差別に影響を及ぼし、粒が少なめのベリー果の軽めな房をもたらしました。 白ブドウの品質に関しては、このシーズンの収穫にとっての挑戦が基本で、一方では、収穫のあまりにも長い遅れやいくらかバラついたフェノールの成熟を回避する必要があり、そして他方では、潜在的なフェノールと苦みの風味をを避けるためにマセラシオンを回避しました。 ワインの品質においてこのシーズンの影響に関しては、白品種は、鮮烈でとても上質な酸を備えた見事な果実を実らせ、新鮮でジューシーな白ワインに反映しました。 *ヴィンヤード  マックス・レゼルヴァ・ピノ・ノワール2011のブドウは、サンティアゴの市街地の西、カサブランカ・ヴァレーの太平洋からちょうど32kmのところの沿岸に所有するラ・エスクルトゥーラ・ヴィンヤード(冷涼な気候のテロワール)で栽培されたもので沿岸の影響は、根が地中深く成長し探究することを可能にする成熟シーズンの気温を和らげる土壌となり、それはブドウ樹の均一な成長と最高品質のブドウ果へ導きます。 冷涼な気候は、高い酸と摘みたての赤い果実の表情の発達を促進し、ブドウ園ではドリップ式灌漑とブドウ樹の垂直仕立ての含んだ技術管理を行っています。 *2011’sテイスティング  強烈に鮮やかなルビーの赤い色をして、軽めなタバコと湿った大地の風味と一緒にバラの実、チェリー、ザクロの実を思い出させる甘い芳香を放ち、適度な重さと見事な継ぎ目のない滑らかな口当たりで、爽やかな酸味がワインに勇気を加え、全てが微妙なスパイシーで煙っぽい趣で枠どられています。 口の中では上等な持続性が感じられ、この若いワインはボトルの中で5~7年は十分に熟成するでしょう。 エラスリスマックスレゼルヴァピノノワール 2011 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 大得価,HOT

ドメーヌルフレーヴマコンヴェルゼ 2012 年 750ml 楽フェス ポイント2倍 驚きの破格値,定番人気

ドメーヌ・ルフレーヴ マコン・ヴェルゼ 2012年 ※正規輸入元取扱商品です。 Domaine Leflaive / Macon Verze  2012 Bourgogne White Dry ドメーヌ ルフレーヴ マコン ヴェルゼ 2012 生産者 ドメーヌ・ルフレーヴ AOC マコン  生産地 ブルゴーニュ地方マコン地区マコン村 畑位置 9ha ブドウ品種 シャルドネ100%(ビオディナミ/1995年と2004年に植樹) 農法 ビオディナミ 瓶詰め時のフィルターの有無 ホメオパシーによる清澄、ろ過は必要な時のみ 土壌 粘土石灰質 タイプ 白の辛口 特 徴 ルフレーヴがマコンに9haの畑を手に入れたのは2004年。初年度は雹害に遭い、4分の1の生産量しか得られなかった。マコンのワインであってやはりルフレーヴ。シャルドネからワインを造らせれば、このドメーヌに敵う相手はない。マコンにありがちなトロピカルさも抑えられ、ピンと背筋の伸びたワインに仕上がっている。 ドメーヌルフレーヴマコンヴェルゼ 2012 年 750ml 楽フェス ポイント2倍 驚きの破格値,定番人気

ルネジョフロワプルミエクリュキュミエールミレジム 2004 年 750ml スパークリングワイン 楽フェス ポイント2倍 HOT,品質保証

★古樹のよく熟した葡萄を厳選して収穫。木樽にて発酵。★ ドメーヌ・ルネ・ジョフロワ プルミエ・クリュ・キュミエール・ヴィンテージ 2004 ■ルネ・ジョフロワ■  ルネ・ジョフロワは、大手のシャンパン・ハウス(ネゴシアン・マニュピュラン)の資本力とは異なり、ルネ・ジョフロワはRM(レコルタン・マニピュラン:自家ブドウ栽培)の典型的な1つで、シャンパーニュの主要都市エペルネから西に広がる丘陵渓谷地ヴァレ・ド・ラ・マルヌにある小さな村キュミエール村に所在し、1670年からワインつくりに携わる古い歴史を持つ小規模な家族経営の家柄です。 現在13haの自社畑を所有しており、ルネと息子のジャン・バティストのジョフロワ父子によって手造りで行われ、伝統派の最上の生産者の一人として高く評価されています。 小規模ながら職人気質に支えられ、ブドウ畑の手入れと醸造の両方において最高水準を保ち続け、ブドウの収獲の際には様々な系統的な選別を実施しています。 こうして、丹精が込められたシャンパンは、ガス圧がひかえめな事もあり、厚みがありふくよかなテイストがマニアを喜ばせています。 ■キュミエール村■  キュミエール村は、毎年シャンパーニュ地区324村の中で一番最初に収獲開始が可能な村である事からもわかるように、村全体が東南向きの斜面という、抜群の日照量に恵まれ、中でも、黒ブドウは凝縮感の溢れるブドウが育っています。 約90%が黒ブドウ品種の作付けというキュミエール村は、水分保持力の高い粘土質が多い土壌で、霜被害も被りやすいこともあり、黒ブドウ品種の中でも開花が遅く成熟の早いピノ・ムニエの栽培が多いのが特徴です。 ■プルミエ・クリュ・キュミエール■  シャルドネ70%、ピノ・ノワール30%。古樹のよく熟した葡萄を厳選して収穫。木樽にて発酵。MLFを行っていないため葡萄本来の自然な酸を持つシャンパーニュ。セラーにて7年以上瓶熟させてから出荷している。ドザージュはわずか2g/ℓのみ。 Domaine Rene Geoffroy / Premier Cru Cumieres Millesime 2004 Champagne Dry ドメーヌ ルネ ジョフロワ プルミエ(1er) クリュ キュミエール ヴィンテージ 2004 生産者 ルネ・ジョフロワ 生産地 シャンパーニュ地方ヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区キュミエール村 AOC シャンパーニュ・プルミエ・クリュ アッサンブラージュの比率 シャルドネ70%、ピノ・ノワール30% ドサージュ 2g/L。 タイプ 白の辛口の発泡酒 特 徴 古樹のよく熟した葡萄を厳選して収穫。木樽にて発酵。MLFを行っていないため葡萄本来の自然な酸を持つシャンパーニュ。セラーにて7年以上瓶熟させてから出荷している。 ルネジョフロワプルミエクリュキュミエールミレジム 2004 年 750ml スパークリングワイン 楽フェス ポイント2倍 HOT,品質保証

ドメーヌルイジャドジュヴレシャンベルタンプルミエクリュラヴォーサンジャック 2011 年 750ml フランス ブルゴーニュ赤 楽フェス ポイント2倍 赤字超特価,本物保証

★力強さと凝縮感に溢れる長熟型プルミエ・クリュ★ ドメーヌ・ルイ・ジャド ジュヴレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ・ ラヴォー・サン・ジャック 2011年 ■ルイ・ジャド社■  ルイ・ジャド社は1859年創立のブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。 1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェイにこの由緒ある会社の将来を託しました。 今日ではアンドレ・ガジェイの息子であるピエール・アンリ・ガジェイ氏が、同社の社長として運営にあたっています。 1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。  また、ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積105haのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあり、ドメーヌはその所有形態に応じて、「ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド」「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 「ドメーヌ・ガジェイ」 「ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタ」などに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。 自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手し、格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。(・・・詳細&一覧) ■ドメーヌ・ルイ・ジャド■  かつてマルサネ村にあり、マルサネ・ロゼの生産者としてつとに名声を誇っていたドメーヌ・クレール・ダユは、相続上の問題が生じ、1985年、その所有畑をルイ・ジャド社に売却し、ドメーヌ・ルイ・ジャドとなりました。 その後も高品質なワインを生産するには自社畑の拡大が必要と考えたルイ・ジャド社は、シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ、シャペル・シャンベルタン、ミュジニー、ボンヌ・マールなど、銘醸畑の獲得に努め、近年では、ムルソー・ポリュゾ、ムルソー・ジュヌヴリエール、ポマール・リュジアン、ポマール・プティ・ノワゾンを得て、ヴォーヌ・ロマネ村を除き、コート・ドールにある銘醸地のほぼすべてをポートフォリオにおさめました。 ■赤ワイン造り■  ブドウは畑の中で完熟した健全なものだけを選別して、すべて手摘みで収穫し、重みで潰れないよう小さなカゴに入れて醸造施設まで運び、収穫されたブドウはさらに選果台の上で入念に選り分けられます。 赤ワイン用のピノ・ノワールは90%を除梗し、破砕せずにステンレス製のチューブで木製の開放桶、あるいは自動櫂突き装置の付いたステンレスタンクで、天然酵母による、ほぼ30日間(シャぺル・シャンベルタン:3~4週間)の醸し(マセラシオン)醗酵から、ワインに最大限の抽出が行われます。 この醗酵中に、各醗酵タンクでは1日に2回の櫂突き(ピジャージュ)を実行し、アルコール醗酵の済んだワインはオークの小樽(228リットル)に移され、マロラクティック醗酵を行い、その後、アペラシオンにより10~20カ月間(シャぺル・シャンベルタン:18~20ヵ月)のオーク樽(新樽率30%)による熟成を経て、一切の清澄をせず、ろ過も必要な場合に最小限施すにとどめ、ワインのありのままの姿を保持したままで瓶詰めされます。 ■ジュヴレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ・ラヴォ―・サン・ジャック■  ラヴォー・サン・ジャックは、ジュヴレ・シャンベルタンの24のプルミエ・クリュの一つで、かつて水路に使われていたことで有名なラヴォーの小さな谷の内側のサン・ジャック丘陵の入口の南向きに広がる日当たりの良い扇状地で、骨格のしっかりとした、素晴らしいフィネスの溢れる赤ワインが生まれています。 ドメーヌ・ルイ・ジャドの手がけるラヴォー・サン・ジャックは、素晴らしい深い色をして、小さなブラックフルーツやなめし革やスパイスのピュアな芳香を持ち、上質なタンニンの構造を伴って、力強さと凝縮感に溢れ、驚くほどの長い余韻を備えた、最適な環境下の熟成により5~8年の向上をする、プルミエ・クリュとして長期熟成タイプです。 ※ルイ・ジャドは『神の雫(単行本ご購入へ)』登場生産者です。 Domaine Louis Jadot / Gevrey Chambertin Premier Cru Lavaux Saint Jacques2011 ドメーヌ ルイ ジャド ジ ュヴレ シャンベルタン プルミエ(1er) クリュ ラヴォー サン ジャック 生産者 ドメーヌ・ルイ・ジャド 生産地 ブルゴーニュ地方コート・ド・ニュイ地区ジュヴレ・シャンベルタン村1級畑 ラヴォー サン ジャック A O C ジュヴレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ・ラヴォー サン ジャック ブドウ品種 ピノ・ノワール100%(自社所有畑) 生産工程 *全て手摘み収穫。 *除梗したのち、上部開放式木製タンクかステンレスタンクか、もしくは自動醗酵装置付きのの大桶で約30日間のの長い浸漬を実施。 *醗酵期間中に人工酵母を添加することなく可能な限り自然にアルコール醗酵も実行し、通常、25日間続き、温度を高めにすることで最大限の抽出を実施。 *醗酵中、各桶は1日12回の果帽を液中循環作業を実施。 *マロラクティック醗酵は228L容量のフランス産小樽で実施。 *18~20ヶ月間の樽(新樽率:約30%)熟成 *清澄処理は行わず、必要に応じて軽いろ過処理して瓶詰め。 タイプ 赤のフルボディ 特 徴 濃い美しい色合い。カシス、なめし皮、スパイスが混ざり合った印象があります。タンニンがしっかりした、力強く凝縮した味わいです。 料理 チーズ 牛や子羊のパテ、鶏の赤ワイン煮など肉料理がよく合い、チーズは、白カビソフトタイプのカマンベールやブリー、ウォッシュ・ソフトタイプのポンレベックやショーム、エポワースなどが好相性。。 ドメーヌルイジャドジュヴレシャンベルタンプルミエクリュラヴォーサンジャック 2011 年 750ml フランス ブルゴーニュ赤 楽フェス ポイント2倍 赤字超特価,本物保証

ドメーヌエグリウーリエプルミエクリュレヴィーニュドヴリニィブリュット NV 750ml スパークリングワイン 楽フェス ポイント2倍 全国無料,定番

★究極形のウーリエ・スタイルのピノ・ムニエ★ ドメーヌ・エグリ・ウーリエ プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・ド・ヴリニィ・ブリュット NV ■ドメーヌ・エグリ・ウーリエ■  ドメーヌ・エグリ・ウーリエは、シャンパーニュ最高峰のピノ・ノワールの聖地、モンターニュ・ド・ランス地区の中でも他村を凌駕するアンボネイ村デ1930年に創業され、アンボネィに7.8ha、ヴェルズネィ1.4ha、ブージィ0.3ha、ヴリニーに合計11.5ha(グラン・クリュ9.5ha⇒ピノ・ノワール7.5ha/シャルドネ2ha)の畑を自家所有します。 1990年、4代目に当たる現当主フランシス・エグリ氏の代になって、無農薬に近いアプローチへと栽培方法の変更を実行し、飛躍的な発展を遂げ、ワイン・アドヴォケイトを主宰するアメリカの高名な評論家ロバート・パーカー氏が、自著の「ワイン・バイヤーズ・ガイド」にて 最高ランクの5つ星 の称号を与え、クリュッグ、サロンなどと並んで「傑出している」生産者と高く評価しています。 有機肥料を用いて手作業による畑の手入れなど、実にキメ細かく管理された畑から収穫された完熟したブドウは、僅か(3~4.5g/l)なドザージュしか必要としないほどの品質を備え、また、樽使いの名手 ドミニク・ローラン氏 直伝の新樽発酵は1996年より実験的に導入しましたが、今やドメーヌを代表する醸造方法となっています。 また、フランスの有名な代表的ワインガイド誌「レ・メジュール・ヴァン・ド・フランス」(フランスの最高のワイン)の2008年版にて、 クリュッグ 、 ボランジェ 、 サロン と並んで、レコルタン・マニピュラン(RM)として初の ≪シャンパーニュ部門最高評価の3つ星≫ を獲得しました。(・・・詳細&一覧) ■プルミエ・クリュ・ヴィニュ・ド・ヴリニィ・ブリュット■  ランスから約8kmの近郊に位置するヴリニィ村にあるフランシス氏の妻の実家から相続された畑で栽培されたピノ・ムニエのみで醸されたシャンパーニュです。 ピノ・ムニエはピノ・ノワールと同じく黒ブドウ品種で、ヴァレ・ド・ラ・マルヌで主に栽培されており、バランスのとれた飲み口の良さが特徴で、瑞々しく肉付きの良い果肉はブレンドすることで、ピノ・ノワールやシャルドネの豊かさを引き立て、ワインにまろやかさと香りをもたらします。 エグリ・ウーリエの手がけるピノ・ムニエは、驚くほどの果実の凝縮感とボディの厚みを持ち、ピノ・ムニエにおいても究極形のウーリエ・スタイルを見せています。 また、 プルミエ・クリュ・ヴィニュ・ド・ヴリニィ・ブリュット(750ml)のボトルの裏ラベル (下記参照) には、 瓶熟成の期間とデゴルジュマン(澱抜き)実施の日時が記載 されています。 TIMES ON YEASTS : 40MOIS(澱とともに40ヶ月間) DATE OF DISGORGMENT : NOVEMBRE 2013(2013年11月澱抜き実施) ※正規代理店取扱いです。 Domaine Egly Ouriet / Premier Cru Vignes de Vrigny Brut Non Vintage Champagne White Dry ドメーヌ エグリ ウーリエ プルミエ(1er) クリュ ヴィニュ ド ヴリニィ ブリュット 生産者 ドメーヌ・エグリ・ウーリエ 生産地 シャンパーニュのモンターニュ・ド・ランス地区ヴリニィ村 AOC シャンパーニュ・プルミエ・クリュ ブドウ品種 ピノ・ムニエ100% 度数 12.5% 生産工程 *ブルゴーニュ的な手法(低収量/ドミニク・ローラン直伝の樽使い) *澱とともに40ヶ月間熟成。 *2013年11月澱抜き実施。 タイプ 白の辛口発泡酒 特 徴 驚くほどの厚みのある果実味とコクのある、ピノ・ムニエにおける究極のスタイル。 料理 チーズ 黒ブドウの比率が高いので、コクがありしっかりしたタイプには、仔牛や若鶏のローストなど白身の肉料理や中華料理の甘酢あんかけともあう。 ドメーヌエグリウーリエプルミエクリュレヴィーニュドヴリニィブリュット NV 750ml スパークリングワイン 楽フェス ポイント2倍 全国無料,定番

シャトー ピションロングヴィルコンテスドラランド 2006 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 低価,SALE

CH.ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド 2006年  銘酒街道沿いに、前庭に美しい花々が咲き乱れ瀟洒な館を持つ 第2級格付け CH.ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランドの歴史は古く、 16世紀にベルナール・ピションがロングヴィル男爵の娘と結婚したことでこの家名が誕生し、その後、ベルナールの次男ジャックがマルゴーやポイヤックに広大な畑を持っていたローザン家の娘テレーズと結婚し、その際に畑が婚資とされてピション・ロングヴィルの名が生まれました。 その後、フランス革命を生き延びることの出来たジョセフ男爵の代に、その財産を5人の子供たちに平等に分与され、娘の一人でラランド伯爵家に嫁いだヴィルジニー伯爵夫人が自らワインに情熱を注ぎ、彼女の名を冠したコンテス・ド・ラランドの名による歴史が始まりました。 さらに、ジョセフ男爵が1850年に95歳で亡くなると、ピションの部分が2つに分割され、1860年からはワインは 「コンテス」 と 「バロン 」 と両方のピションから区別して、造られるようになり、ここに ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド が誕生しますが、ピション・ロングヴィル家とラランド家の名声は19世紀末までで、20世紀に入り、1920年には競売にかけられましたが、このような困難な時期にもかかわらず、1925年にブドウ園所有者兼ワイン商一族のミアイユ家のエドアールとルイがCH.ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランドを購入し、1970年代後半、隣のCH.レオヴィル・ラス・カーズの当主ミシェル・デロンに経営を委ね、目覚しくワインの改良を実行しました。 現在は、1978年よりエドアール・ミアイユの娘メイ・エリアン・ド・ランクサン女史が当主となり、管理をも担って以来、急速に評判が高まり第2級のトップにランクされるようになり、かつての名声を復活させ、封建的ともいえるメドックの中で誰もがその実力を認めており、雄輝さと壮大さを特殊とするポイヤックの中でも、華麗と典雅さの点では他の追従を許さず、素晴らしく優雅そのものの魅力的なシャトーになりました。 また、メルロの栽培比率がポイヤックでは最も多く、CH.マルゴーの繊細で気品ある味わいを「ボルドーの女王」にたとえるのなら、このワインの持つ優しさと逞しさは「フランスのファーストレディ」という言葉で表現されるまでになり、今日では、格付け第1級に相当する品質のワインを産出しています。(詳細&一覧へ ) Chateau Pichon longueville Comtesse de Lalande 2006 Bordeaux Red Dry シャトー ピション ロングヴィル コンテス ド ラランド 2006 格付け ボルドー・メドック地区格付第2級(1855年) A O C ポイヤック 畑位置 ポイヤック村(CH.ラトゥールの北隣)およびサン・ジュリアン村 畑面積 75ha 生産量 ※平均:約 18万本 平均樹齢 35年以上 収 量 平均:45hl/ha ブドウ品種 平均:カベルネ・ソーヴィニョン45%、メルロ35%、カベルネ・フラン12%、 プティ・ヴェルド8% 収 穫 全て手摘みで完全除梗 工 程熟 成 *温度管理機能付きステンレスタンクで18~24日間 *オーク樽(毎年少しづつ新樽に更新)で約18~20ヶ月 諸処理 3ヵ月後との澱引き作業と瓶詰め前に卵白による清澄処理され、軽く濾過処理される タイプ 赤のフルボディ 特 徴 暗い色合いで、メルロのブレンド比率が高いためアルコールの温かみがあり、しなやかで膨らみのある果実味、解けたようなまろやかなタンニンの滑らかな口当たりでエレガントな余韻のあるスタイル。 料理 チーズ 牛のヒレ肉の網焼きや牛ヒレのステーキ・バターソースや赤ワインソース、牛赤身肉のカツレツなどが合う。 チーズでは、白カビソフトタイプのカマンベール、ウォッシュタイプ・ソフトのポンレヴェックやショーム、青カビタイプのスティルトンなど。 セカンド レゼルヴ・ド・ラ・コンテス シャトー ピションロングヴィルコンテスドラランド 2006 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 低価,SALE

エラスリスヴィニェドチャドウィック 2011 年 750ml チリ 赤 楽フェス ポイント2倍 お得,100%新品

エラスリス ヴィニェド・チャドウィック 2011年 ■ヴィニャ・エラスリス■  ヴィニャ・エラスリスは、1870年にマキシミアーノ・エラスリス・バルディビエソが、サンティアゴの北に位置するアコンカグア・ヴァレーの小さな町、パンケウエに買った土地に創設したワイナリーで、今日では、チリを代表するTOPワイナリーのひとつであり、自社畑の手摘みで収穫したブドウのみ用い、栽培・醸造・熟成・瓶詰めまでの管理を一貫して行っている非常に珍しい(チリにおいて)存在です。  現在、直系の子孫であるチャドウィック家が経営に当たり、当主を務める5代目エデュアルド・チャドウィック・エラスリス氏の管理の下、1991年には自社のプレミアムワインを世界にリリースして注目を集める一方、イギリス、ドイツ、アメリカへの輸出も成功させ、ヴィーニャ・エラスリス社は、ファインワインの生産に専念する数少ないチリのワイナリーとしての位置をゆるぎないものとしていきました。 初代のドン・マキシミアーノの精神とともに引き継がれ、様々な品種の試験栽培や、カリフォルニアのロバート・モンダヴィ家とジョイントを組み、カリテラやセーニャなど新しいワイナリーの創設も意欲的に行われています。(・・詳細&一覧) また、 「Winart第3号《特集・チリワインのベストを探せ》」 にワイナリー紹介された8つのワイナリーの中に掲載されるなど高い評価を受けています。 ■ヴィニェド・チャドウィック■  ヴィニェド・チャドウィックはエラスリス社が手がける5つのシリーズ(「セーニャ」「エラスリス(ドン・マキシミアーノなど)」「カリテラ」)の一つで、伝統と技術を結集させたウルトラ・プレミアム・ワインを造りたいという故ドン・アルフォンス・チャドウィック・エラスリスと一族の長い間胸に大切に抱いてきた願いそのものとして生まれました。 アンデス山脈の麓のマイポ河の北岸に沿って、チリの首都サンテイエゴの南東のはずれにあるプエント・アルトにあるヴィニェド・チャドウィックのブドウ畑から、ソフトなタンニン、ベリー系の果実の香り、力強さと凝縮感溢れる最高レベルのエレガントなワインを造ることを目指しています。 ■ベルリンテイスティング■  エラスリスのエデュアルド・チャドウィック社長が、評論家のスティーブン・スパリュア氏を迎えて、2004年1月にベルリンのリッツカールトン・ホテルでで開催した ≪ベルリン・テイスティング≫ (下記参照) では、ヨーロッパの著名なバイヤー、ソムリエ、ジャーナリストらが参加し、ボルドースタイルのワイン10種をブラインドでのテイスティングが行われ、エラスリスの3つのフラッグシップのアイテムのうち、 ≪ヴィニェド・チャドウィック≫ の2000年、≪セーニャ≫2001年が、ボルドー1級の≪CH.ラフィット・ロートシルト≫≪CH.ラトゥール≫≪CH.マルゴー≫の2000年、スーパータスカンの≪サッシカイア≫≪ソライア≫などを上回り、世界に衝撃を与えました。 ※ベルリン・テイスティング  「ベルリン・テイスティング」とは、デキャンター誌を監修するスティーブン・スパリエ氏が、「ラベル」や「先入観」に影響されない、公平なブラインド・テイスティングのもと、 「ワインそのものの本質」、「背後にあるテロワールの個性」を伝えるため、2004年、ベルリンで初めて開催し、 その後、場所をブラジル(2005年)、 東京(2006年) に移し開催しており、「歴史を塗り変えた」その結果は、出席した多くのワインジャーナリスト、識者に衝撃を与えています。 そして、2006年6月15日には、 ベルリン・テイスティング東京版 (下記参照) が開かれ、香港や台湾など海外の来賓を含む、ソムリエ、ワイン商、ジャーナリストら72人のプロがブラインドでテイスティングし、結果、≪セーニャ(2ヴィンテージ)≫ ≪ヴィニェド・チャドウィック≫ ≪ドン・マキシミアーノ≫ らが5位までのうち4本を占め、東京版でもチリワインが世界のトップシャトーに引けをとらない凄さを認識させました。 ※東京テイスティング       (2006.6.15/於ジョージアンクラブ)  2006年6月15日、ヴィーニャ・エラスリスの当主、エドワルド・チャドウィック氏が来日し、約40名のワイン識者出席のもとボルドー、イタリア、チリのグラン・ヴァン・ブラインド・ テイスティングを開催し、結果、第一位に輝いたのは、ベルリン・テイスティング同様、 ヴィニエド・チャドウィック2002 で、 ドン・マキシミアーノ・ファウンダーズ・ レゼルヴ2003 も第三位ながら、「満点」の 評価を最も多くの人から与えられました。 ※正規輸入元取扱い Errazuriz Vinedo Chadwick 2011 / Cilie Red Dry エラスリス ヴィニェド チャドウィック 生産者 ヴィーニャ・エラスリス 生産地 チリ中央部セントラル・ヴァレー地方マイポ・ヴァレー地区                 プエント・アルトのヴィニェド・チャドウィック畑 ヴィニェド・チャドウィックはサンティアゴの南東地区にあるマイポ河の北側のアンデス山脈の麓のプエント・アルトに位置し、マイポ・ヴァレー最高のテロワールの一つ(とりわけ卓越した品質のボルドー品種のの赤ワインを造るため)と見なされ、ブドウ園の海抜とアンデス山脈から吹く冷涼な朝の微風と穏やかな日中の気温は、ブドウ果が輝きと新鮮な酸味を少しも失うことなく成熟の完璧な状態に到達することをもたらしました。 日中と夜間の気温の幅広い変動は、この地域からのワインの中で鮮烈な色あいをもたらす要因の一つで、また、岩石から成る底土を伴った沖積層を起源の適度に肥沃な土壌は、素晴らしい排水で、植物の成長と果実の収穫の間で理想的なバランスをもたらします。 D O セントラル・ヴァレー 畑の所在 プエント・アルトのヴィニェド・チャドウィック かつてチャドウィック家の別荘地であった地に、 カベルネ・ソーヴィニヨン13.7ha、カベルネ・フラン0.5ha、 カルメネール1.17haを植樹。 生産量 2010ヴィンテージ:800ケース ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニョン100%  (※単一のブドウ園、チャドウィック・ヴィンヤードの異なる小区画のもの) 収 穫 *航空写真により、成熟の進行具合を見極めて収穫時期を決定。 *品質を損なわないために早朝に手摘み収穫。 工 程 *ブドウ果が高い気温にさらされることを避けるために12kg容量の箱で早朝に搬入。 *成熟段階は航空写真とを通して監視して、収穫を同種のロットに分類。 *セラーに到着するとすぐに、植物の付着物や、あるいは果汁の品質を変えてしまう不完全なブドウ果を除去するためにブドウ果を注意深く調査。 *小さなステンレスタンクで絶対に必要なものに対して果皮の高い比率で醗酵(24~28℃)。 *タンクの容量の50~100%の毎日の液循環も実施(望ましい抽出の程度に依る)。 *各ロットのに従って計18~35日間(24~27℃)の醗酵で最大限に香りと色を取得。 *フランス産オーク新樽(新樽率100%)で19ヶ月間熟成。 *マロラクティック醗酵はオークとの統合を助けるために樽で実施。 諸処理 *タンクの容量の0.5~1.0倍で醗酵している間に、日に3回のポンピング作業実施。 *樽熟成中に自然の力で清澄処理実施。 タイプ 赤のフルボディ 特 徴 インクのように濃い色合いとベリー系の果実の芳香、柔らかなタンニン、力強さと凝縮感溢れる最高レベルのエレガントなスタイル。 料 理 ステーキやローストビーフのようなシンプルな肉料理やハンバーグ、豚の角煮や味噌炒めのような家庭料理にも相性が良い。 エラスリスヴィニェドチャドウィック 2011 年 750ml チリ 赤 楽フェス ポイント2倍 お得,100%新品

ドメーヌミッシェルグロブルゴーニュオートコートドニュイブラン 2011 年 白ワイン 楽フェス ポイント2倍 品質保証,爆買い

★シルキーでエレガントな極上デイリー!★ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ・ブラン 2011年 (ドメーヌ・ミッシェル・グロ) ■ドメーヌ・ミッシェル・グロ■  ブルゴーニュのヴォーヌ・ロマネ村の名門グロ一族の1つで、旧ドメーヌ・ルイ・グロの次男ジャン・グロの長男ミシェルが設立したドメーヌです。 1963年にドメーヌ・ルイ・グロを4人兄弟(コレットとギュスターヴノとジャンとフランソワ)で分割し、ジャンは初代アルフォンス以来のモノポールのクロ・デ・レアを相続し、1972年には、クロ・ド・ウージョの区画を購入しました。 ボーヌの学校を卒業した1975年からジャンの長男ミシェルがドメーヌに加わり、実質1979年辺りから、ドメーヌ・ジャン・グロのワインは、ミシェルの手により産み出されていました。 1996年ジャンの引退により、ドメーヌは3人の子供たち(ミシェル、ベルナール、アンヌ・フランソワーズ)に分割され、先祖伝来のモノポールのクロ・デ・レアをとニュイ・サン・ジョルジュ村の2区画、ヴォーヌ・ロマネ村の2区画とブルゴーニュの区画を1つ相続したミシェルが、ドメーヌ・ミシェルとしてスタートしました。 1990年はヴォーヌ・ロマネの区画を購入し、1993年と1996年にシャンボール・ミュジニィ数区画を購入し、1995年に、モレ・サン・ドニ村のラ・リュー・ド・ヴェルジーの区画を購入しました。 また、1997年にエカール家のドメーヌの管理をミシェルに委託する事になり、こちらのワインもドメーヌ ミシェル・グロで瓶詰めされています。(・・・ドメーヌ詳細へ) ■ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ■  オート・コートのブドウ畑はフランスのすべてのブドウ畑と共に1885年と1900年の間にフィロキセラによって全滅してしまいました。 コート・ド・ニュイやコート・ド・ボーヌのブドウ畑はすぐに植え替えられましたが、オート・コートの畑がやっと蘇ったのは1970年代で、ミッシェル氏の父ジャン・グロはその先駆者の一人です。 ブドウはニュイ・サン・ジョルジュの町から東、7キロほど離れたミュザン川の谷間の奥に位置するアルスナンという小さな村にあり、シャルドネ種はピノ・ノワールの植えてある区画に隣接し、土壌は泥灰土が多くシャルドネ品種によく適しています。 Domaine Michel Gros Bourgogne Hautes Cotes de Nuits Blanc 2011 ブルゴーニュ オート コート ド ニュイ ブラン ドメーヌ ミッシェル グロ 生産者 ドメーヌ・ミッシェル・グロ 生産地 ブルゴーニュ地方オート・コート・ド・ニュイ地区 A O C オート・コート・ド・ニュイ 畑位置 *ニュイ・サン・ジョルジュの町から東に7kmほど離れたミュザン川の谷間の奥に位置するアルスナンという小さな村の、南東向きの丘の上。 *海抜360mから420mの高さに等高線に沿って栽培され、ピノ・ノワールの植えてある区画に隣接。 (※フィロキセラによって全滅してしまった畑を1970年代にようやく植え替え復興。) 畑所有面積 1.53ha所有 ブドウ品種 シャルドネ100% 平均樹齢 10年以上 栽 培 自然を大切にしたテクノロジー 害虫対策 殺虫剤は用いず、性攪乱ホルモンカプセルを樹に下げる。 ※ヴォーヌ・ロマネ村全体に環境を大切にする姿勢があり、それに沿って技術開発が行われている。 醗酵・熟成 ブドウの持つ要素をぎりぎりまで引き出すために比較的高温で長期発酵を行い、オーク樽(新樽率20%)で熟成。 諸処理 口当たりを浴するために卵白による清澄処理は行うが、濾過処理は行われない。 タイプ 白の辛口 特 徴 濃縮された新鮮な果実のデリケートな酸味の上品なスタイル。 ドメーヌミッシェルグロブルゴーニュオートコートドニュイブラン 2011 年 白ワイン 楽フェス ポイント2倍 品質保証,爆買い

クラウディベイ ピノノワール 2012 年 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 大人気,新作登場

クラウディー ベイ ピノ ノワール 2012年 ■クラウディ・ベイ・ヴィンヤード■  クラウディ・ベイ・ヴィンヤードは、1985年、西オーストラリアのケープ・マンテル・ワイナリーを経営するデヴィッド・ホーネン氏が、ニュージーランドの南島マールボロに設立しました。 1770年にニュージーランドへ航海したキャプテン・クックによって「クラウディ・ベイ」と名づけられた、ワイラウ・ヴァレーの東の先端の入り江の名に因み、ワイナリーの名がつけられました。 1990年にシャンパーニュの名門ハウス、ヴーヴ・クリコ社が、ケープ・マンテルを買収したことに伴い、クラウディ・ベイもヴーヴ・クリコの参加にありますが、その運営は、デヴィッド・ホーネン氏が担い、創立時のワインメーカーのケヴィン・シャッド氏が醸造責任者を勤めています。 5人の長期契約栽培者らもまた、クラウディ・ベイで終日作業にあたり、ソーヴィニョン・ブラン、シャルドネ、ピノ・ノワールを中心に栽培あされ、ほんのわずかながらも、リースリングとゲヴュルツトラミネールが栽培され、その産出量は、年平均1200トンになります。 クラウディ・ベイは、オーストラリア国内のほか、世界20カ国以上の国々に輸出しており、イギリス、アメリカ、ヨーロッパ、そして日本が主な市場となっています。 なお、2003年7月に、デヴィッド・ホーネン氏からトニー・ジョーダン氏に引き継がれ、現在に至っています。 クラウディベイ ピノノワール 2012 年 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 大人気,新作登場

ドメーヌルロワヴォーヌロマネプルミエクリュレボーモン 2012 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 新品,100%新品

★しばしばグランクリュを凌駕すると誉れ高いプルミエクリュ★ ドメーヌ・ルロワ ヴォーヌ・ロマネ・プルミエ・クリュ レ・ボー・モン 2012年 ■ドメーヌ・ルロワ■  ネゴシアン・ルロワを率いる、マダム・ビーズ・ルロワ(1991年までDRCの共同経営者)が1988年に、ヴォーヌ・ロマネ村のドメーヌ・シャルル・ノエラを買い取って、ドメーヌ・ルロワとしてスタートし、続いてジュヴレ・シャンベルタンのドメーヌ・レミイを手中に収め、今日では、ジュヴレ・シャンベルタンからポマールまでの各地に計22.42haの自社畑を所有する大ドメーヌになっています。 ブドウ栽培は、全てバイオダイナミック農法が取られ、テロワール(気候や土壌)のポテンシャルを最大限に活かしたワイン造りが行われています。 ワインの醸造は、オーセイ・デュレスのセラーとは別にヴォーヌ・ロマネにある旧シャルル・ノエラのセラーで行われており、また、1993年まではアンドレ・ポルシュレが醸造責任者を務めていましたが、古巣のオスピス・ド・ボーヌに戻ったため、以後は、マダム・ルロワが自らワイン造りの総指揮をとっています。  一般的な生産者ならば、平均45hl/haの生産量を確保するところを、ここでは、半分近い平均25hl/haに抑えて造られるワインは、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティのワインは別にしても、ドメーヌ・ルロワのワインはブルゴーニュで最も高価で類稀な素晴らしい品質のワインとして君臨しています。(・・・詳細&一覧へ ) ■ヴォーヌ・ロマネ・プルミエ・クリュ・レ・ボー・モン■  レ・ボー・モンは、ヴォーヌ・ロマネ村の15ある1級畑の中でも秀逸な畑であり、「レ・ボー・モン(2.3504ha)」「レ・オー・ボー・モン(2.0262ha)」「レ・ボー・モン・バ(5.4301ha)」「レ・ボー・モン・オー(1.5804ha)」といった同じボー・モンの名を持つ4つの古区画(計11.387ha)から構成され、軽めで、石を思わす風味が際立ち、濃厚で肉厚な重さはないものの、きついまでにかぐわしく、響きの強い味わいとなっています。 ドメーヌ・ルロワは、レ・ボーモンの主要生産者の一人で、僅か4,000本前後の生産量の少ない貴重なアイテムの一つで、独特なスパイシーな香りと深い果実味、ヴォーヌ・ロマネの土っぽさやシナモンの芳香を放つ長期熟成スタイルで、しばしば、 グラン・クリュを凌駕する とも言われます。 ※ブルゴーニュ赤2012ヴィンテージ情報: シリアルNOは実際にお届けする番号と異なります。 ※マダム・ルロワがギャランティ(保証)した 正規品です。 Domaine Leroy / Vosne-Romanee Premier(1er) Cru les Beaux Monts 2012 Bourgogne Red Dry ドメーヌ ルロワ ヴォーヌ ロマネ レ ボー モン 2012 生産者 ドメーヌ・ルロワ 生産地 ブルゴーニュ地方コート・ド・ニュイ地区ヴォーヌ・ロマネ村1級畑レ・ボー・モン A O C ヴォーヌ・ロマネ・プルミエ・クリュ・レ・ボー・モン 生産量 2012ヴィンテージ:3632本 畑位置 ヴォーヌ・ロマネ側 畑面積 約1.2599ha ブドウ品種 ピノ・ノワール 100%(すべてビオディミナ=バイオダイナミック)農法で栽培。 平均収量 25hl/1ha(通常は、45hl/1ha)の超低収量 熟 成 新樽100% タイプ 赤のフルボディ 特 徴 独特なスパイシーな香りと深い果実味、ヴォーヌ・ロマネの土っぽさやシナモンの芳香を放つ長期熟成スタイルで、しばしば、グラン・クリュを凌駕するとも言われる。 料理 チーズ 牛や子羊のパテ、鶏の赤ワイン煮など肉料理、レヴァーなどのクセの強い内臓料理がよく合う。 チーズは、白カビソフトタイプのカマンベールやブリー、ウォッシュソフトタイプのポンレベックやショーム、エポワースなどによく合う。 ドメーヌルロワヴォーヌロマネプルミエクリュレボーモン 2012 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 新品,100%新品

カレラジャンセン ジェンセン ヴィンヤード 2011 年 750ml 赤ワイン カリフォルニア赤 楽フェス ポイント2倍 正規品,品質保証

★単一畑シリーズ一番人気銘柄の 魅力的で非常に素晴らしい作品★ カレラ・ジェンセン・ヴィンヤード 2011年 ■カレラ・ワイナリー■  オーナーのジョシュ・ジェンセン氏は、オックスフォードの大学に留学中、フランスのブルゴーニュを幾度も訪ね、その収穫に立ち会ううちに、カリフォルニア随一のシャルドネとピノ・ノワールの醸造を決意したといいます。 帰国後、この2つのブドウ品種に適した石灰質土壌を2年かけて探し求め、現在のサン・ベニート郡のマウント・ハーランにワイナリーをスタートさせました。 カレラでは、世界初の完全な重力流動設備を設置し、ワインを機械的なポンプで移動するのではなく、重力を使うことにより出来る限り優しい(ワインにストレスを与えない)方法で移動するというシステムを導入してワインつくりを行っています。 このようにその他の行程においてでも、出来るだけ機械的でないワイン醸造を行っています。今日では、その高い品質と生産量の少なさから、「カリフォルニアのロマネ・コンティ」とさえ呼ばれるほどで、熱烈な愛好家が増えています。(・・・詳細&一覧 ) ■ジャンセン・ヴィンヤード■  自社所有の18.8haの畑は、5つの単一畑、「ジャンセン」「ミルズ」「リード」「セレック」「ライアン」から構成され、これらの単一畑の名は、ジョシュ氏ゆかりの人の名がついています。 オーナーのジョシュ氏の父の名に因む、「ジェンセン・ヴィンヤード」は、1975年に植樹され、1978年にはじめての収穫を迎えています。 ジャンセン・ヴィンヤードからは、ブラック・ベリーやラズベリー、イチゴジャムの大変美味しい親しみの湧く芳香と風味の開放的な魅力に溢れ、非の打ち所のないバランス、芳醇さ、丸みを備えた長命でワクワクするようなワインが生まれています。 ※カリフォルニア赤2011ヴィンテージ情報:  2011年のカリフォルニアは、雨が収穫時に大混乱を引き起こしたために、品質にバラつきがあるより軽めな赤ワインが誕生しましたが、 カレラではハングタイムを遅らせて耐えた結果、快活な酸と低い糖度の豊潤な赤ワインが誕生。 ※WA:93点 / WS:91点  (詳細はページ下方に) Calera Wine Company / Calera Jensen Mt. Harlan Pinot Noir 2011 Calofornia Red Dry カレラ ジェンセン マウント ハーラン ピノ ノワール 生産者 カレラ・ワイン・カンパニー 生産地 カリフォルニア州セントラル・コースト地方    サン・ベニート郡マウント・ハーラン地区ジェンセン・ヴィンヤード AVA マウント・ハーラン 2011 生産量 1,025ケース(750mlサイズで12,300本)  ※750ml:12,096本/ 375ml:180本/1500ml:42本 /3000ml:8本 畑面積 13.8エーカー(約5.58ha) 畑の位置 サン・フランシスコの南90マイル、モンテリー/カルメルの内陸25マイル東、ホリスターの南9マイルに、平均海抜2200フィートのあらゆる方に向いた4つの丘に位置する。 土 壌 ガヴィラン山脈のライムストーン(石灰岩質) 植樹年 1975年 収 量 22.6hl/ha(1982~2004年平均) ブドウ品種 ピノ・ノワール100%(全てジェンセン・ヴィンヤード産) 収 穫 すべて手摘み(2011年10月12日~11月1日)で14.99t収獲 醗 酵 除梗・破砕せず、野生の酵母によりゆっくりと低温発酵し、マロラクティック醗酵は100%行う。 熟 成 フレンチ・オーク樽(2011ヴィンテージ:新樽率30%)で18ヶ月間熟成。 諸処理 ノン・フィルターで瓶詰め(2013年5月9日)。 タイプ 赤のフルボディ 特 徴 ブラックベリー、ラズベリー、イチゴジャムなどの凝縮したベリーの香りを持ち、口当たりも円やかでリッチ、バランスが良いスタイルで、非常に完成度が高くカリフォルニアで造られるピノ・ノワールの中でも極めて力強く果実味に満ちた申し分のないワインの1つ。 料理 最高級のブルゴーニュワインと合わせる感覚で、仔羊と野菜のトマト煮込み、鴨のローストなど肉の味わいがしっかりとした料理にあう。 2011 ヴィンテージ 情報 スペクテーター誌ヴィンテージチャート(サンタ・バーバラ):87点 アドヴォケイト誌ヴィンテージガイド(セントラル・コースト):87点  2011年のカリフォルニアは、雨が収穫時に大混乱を引き起こしたために、品質にバラつきがあるより軽めな赤ワインが誕生しましたが、 カレラではハングタイムを遅らせて耐えた結果、快活な酸と低い糖度の豊潤な赤ワインが誕生。 ※カレラ’S2011ヴィンテージ情報:  2011年に、カレラではもうひとつの冷涼な年がありました。 早春は雨がちで冷え込んだので、芽吹きが2、3週遅れました。 華氏70度(摂氏21.度)前半の冷涼な夏の平均気温だっために、ワイナリーでは例年よりも1ヶ月遅くまで果実を木に生ったままにしておくことを強制されましたが、驚いたことに、待つことは私たちに、快活な酸と低い糖度の豊潤なワインをもたらしました。 アドヴォケイト誌評価(2014.8/Jeb Dunnuck氏):93点 Beautifully complex, Jenson’s 2011 Pinot Noir Jenson Vineyard offers a lively, fresh feel in its sweet cherry, strawberry, sappy spring flowers and subtle mint-driven bouquet. Medium-bodied, layered and seamless, it’s an elegant and silky example of this cuvee to drink over the coming decade or more. 飲み頃予想は、2014年から2024年あたり。 スペクテーター誌評価(2014.6.15):91点 This offers aromas of dried herb and pennyroyal, with a compelling core of dark berry flavors, showing dried currant, cranberry and black licorice notes. Gains depth and length on the finish. 飲み頃予想は、現在(2014年)から2023年あたり。 ワイナリー2011テイスティングコメント:  ジェンセン2011は、バレリーナです(それは、優美で、緻密に力強く、幅広い意味で繊細)。 ビングチェリー(アメリカンチェリー)、柔らかい甘いオークの風味とスイカの非常に微かな趣は、太陽の方向に4つの異なる面に植えられたこの複雑な区画からのブラックベリー、カシス、ハーブ、スミレとミネラル風味といった古典的なジャンセンの溢れんばかりの風味を強めており、 非常に美しい輝きと、深くしなやかな質感の、魅力的で驚嘆すべき素晴らしいワイン 。 カレラジャンセン ジェンセン ヴィンヤード 2011 年 750ml 赤ワイン カリフォルニア赤 楽フェス ポイント2倍 正規品,品質保証

ドメーヌフーリエ ジュヴレシャンベルタン プルミエクリュ コンブ オー モワンヌ VV 2013 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 正規品,本物保証

ドメーヌ・フーリエ   ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ・オー・モワンヌ ヴィエイユ・ヴィーニュ    2013年 ■ドメーヌ・フーリエ■  ドメーヌ・フーリエは、コート・ド・ニュイ最大の生産地ジュヴレ・シャンベルタンに5代続くドメーヌです。 1971年生まれの若き情熱家ジャン・マリー・フーリエ氏が1994年より5代目として当主を務め、現在、ジュヴレ・シャンベルタン、モレ・サンドニ、シャンボール・ミュズィニー、ヴージョに約9.5haを所有し、そのうち1級とグラン・クリュが所有面積の70%ほどを占める豪華絢爛なドメーヌです。 23歳までの間に、伝説の醸造家アンリ・ジャイエ氏やオレゴンのジョセフ・ドルーアンで修行を積んだジャン・マリー・フーリエ氏は、「ブルゴーニュでは、テロワールを尊重すれば何も新たに付け加えるものはない」という哲学に行き着き、自らを「テロワリスト」と呼ぶだけに、その栽培・醸造に関する哲学は、「語り出したら永遠に止まらない」程のもので、特に彼がこだわる醸造・栽培への考え方は、「高度な技術に頼らなかった20世紀初頭のヴィニュロンの流儀を尊重する」という信念の元ワインつくりを行っています。(・・・ドメーヌ詳細へ) ■ドメーヌ・フーリエ在庫一覧■ (こちらからどうぞ→GO!) エチケット上部に少し破れがございます。 ジュヴレシャンベルタン プルミエ・クリュ コンブ オー モワンヌ (ドメーヌ フーリエ) 生産者 ドメーヌ・フーリエ 生産地 ブルゴーニュ地方コート・ド・ニュイ地区ジュヴレ・シャンベルタン村 プルミエ・クリュ コンブ オー モワンヌ AOC ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ ブドウ品種 ピノ・ノワール 100% 熟 成 オーク新樽使用率100%で12~14ヵ月間 タイプ 赤のフルボディ 特 徴 料理 チーズ ステーキやローストビーフのようなシンプルな肉料理やハンバーグ、豚の角煮や味噌炒めのような家庭料理にも相性が良い。 ドメーヌフーリエ ジュヴレシャンベルタン プルミエクリュ コンブ オー モワンヌ VV 2013 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 正規品,本物保証

シャトー モンローズ 1994 年 750ml ≪1994年ボルドーベストワイン フランス ボルドー赤 楽フェス ポイント2倍 人気,お買い得

★1994年の北メドックの最も成功した作品の一つ★ ≪1994年ボルドー・ベスト・ワイン≫ CH.モンローズ 1994年  モンローズは、ボルドーのサン・テステフ村に所在する格付け 第2級のシャトー で、その昔、この畑のあった辺り一帯にバラ色の花が咲き乱れる、「バラ色の丘」と呼ばれていたことに因んで、シャトー名が名づけられています。 モンローズは、メドックのサン・テステフで、長い伝統を誇るブドウ栽培を行い、何代も昔から数多くの土地を一族で管理するシャルモリュ家が100数年間にわたり所有し続け、1851年までさかのぼる起源を持つ畑は、モンローズの砂利質の美しいなだらかな丘、サン・テステフ地区の中心に位置し、この立地条件と土壌のよさを生かした伝統的な醸造法で、サン・テステフのCH.ラトゥールと評される力強く重厚なタイプのワインを造っていました。 1970年代後半からカベルネ・ソーヴィニョンの比率を減らし、メルロを増やし、その結果、1980年代後半からの品質の向上は目を見張るほどのワインが送り出されており、さらに、2006ヴィンテージからは、1961年から2003年まで第1級のシャトー、オー・ブリオンの醸造長を務めた、伝説の醸造家ジャン・ベルナール・デルマ氏が醸造を手が家ており、今後の動向が期待で注目されています。 また、畑と斜面の下を穏やかに流れるジロンド河の河口に、壮麗な館がそびえた地、見事な眺めを展開しています。(・・・詳細と一覧へ) ※ボルドー赤1994ヴィンテージ情報:  1994年は例外的ほど収穫量が多かったが、トップクラスのシャトーでは厳しい選別を行ったために、生産量は少なく、タンニンのレベルの高い古典的な長期熟成タイプのワインが多く誕生し、CH.モンローズ1994は 「1994年ボルドー・ベスト・ワイン」 にサン・テステフから3つ選ばれたワイン。 ※WA:91点 / WS:84点  (詳細は下方に) エチケットにシミがございます。 1994 Chateau Montrose / Boedeaux Red Dry シャトー モンローズ 1994 格付け ボルドー・メドック地区格付第2級(1855年) A O C サン・テステフ 畑位置 サン・テステフ村 畑面積 68ha 年間生産量 1994ヴィンテージ:18,000ケース/約21万6,000本(※平均:約 23万本) 平均樹齢 33年以上 品 種 平均:カベルネ・ソーヴィニョン65%  メルロ25%  カベルネ・フラン10% 収 穫 全て手摘み 醗 酵 伝統的な醸造方法を用いて、木の醗酵槽とステンレス鋼の醗酵槽と組み合わせて、21~25日間 熟 成 オーク樽(新樽率35%)で19ヶ月間 諸処理 卵白による清澄処理されるが、過処理なし タイプ 赤のフルボディ 特 徴 深みのある濃い色合いで、甘いカシスやチェリーのジャムを思わせる香りとタンニンの風味、繊細な酸味がうまく調和して濃密でリッチなスタイル。 料理 チーズ 牛のヒレ肉の網焼きバターソースや赤ワインソース、牛赤身肉のカツレツなどが合う。 チーズでは、白カビソフトタイプのカマンベール、ウォッシュタイプ・ソフトのポンレヴェックやショーム、青カビタイプのスティルトンなど。 セカンド ラ・ダム・ド・モンローズ 1994 ヴィンテージ 情報 ヴィンテージチャート:16/20点 WAヴィンテージガイド:85点 WSヴィンテージチャート:88点  「1994年ボルドー・ベスト・ワイン」 にサン・テステフから選ばれた3つのワインの一つ。 1994年のボルドーでは例外的ほど収穫量が多かったが、トップクラスのシャトーでは厳しい選別を行ったために、生産量は少なく、タンニンのレベルの高い古典的な長期熟成タイプのワインが多く誕生。 ※ボルドー委員会1994ヴィンテージ情報: 「良好な年」  1952年以来、10年単位で考えるとき、1994年はもっとも収穫開始の早い10年間の中の一つにに数えられ、7月と8月にはすばらしい気象条件に恵まれ、それは、ワインの品質にあらわれ、全体的にボルドーの1994年は、伝統と近代的技術の特徴がでたすばらしい品質のワインも地域により見受けられます。  収穫時に降雨があり、8月に確認されたブドウの潜在的資質が充分に反映せず、タンニンの熟度にはバラつきがあるものの、色、タンニン分の豊かさ、酸味などは、土壌および技術により異なりますが、全般的にすばらしい性格をおびているといえ、また、1994年の赤ワイン用品種の収穫量は前年度よりも少なかったものの、テロワールによるものの、適度に熟成に向く赤ワインが誕生。 パーカー氏評価(1999.3):91点   1994年の北メドックでは最も成功したワインの1つ で、光を通さないほど濃い紫色から相当な強烈さを持つワインであることがうかがえ、香りは閉じているが、ジャムにでもしたかのような黒系果実、プラム、スパイス、土を思わせ、味わってみると、印象的なエキス分、純粋さ、大量の甘いブラックカラントの果実味とうまくバランスがとれている、ほどほどながらも熟したタンニンが感じられ、ミディアムボディで、 秀逸から傑出した凝縮感の印象的なワイン で、今でも近づきやすいが、2020年までは持つはずです。 予想飲み頃:2002~2020年あたり。 スペクテーター誌評価(1997.1.31):84点  モンロースとしては、かなり痩身なスタイルですが、ベリーやヴァニラ、スパイス、赤杉(アメリカ杉)の魅力的な香りと風味と、僅かにドライな余韻があります 飲み頃予想は、1997年あたり以降にベストへ。 シャトー モンローズ 1994 年 750ml ≪1994年ボルドーベストワイン フランス ボルドー赤 楽フェス ポイント2倍 人気,お買い得

ドメーヌアランブリュモンガスコーニュルージュ 2014 年 750ml フランス 南西 赤 楽フェス ポイント2倍 高品質,定番人気

アラン・ブリュモンはAOCマディラン タナ種のワインを世界的に認められ賞賛されるワインへと復興させた、フランス南西地方を代表する造り手です。ドメーヌ・アラン・ブリュモンのワインは、その偉大な功績から、世界のワインコンクールでは数々の賞を受賞し、またフランス3ツ星レストランには必ずといわれるほどの取り扱い実績を誇っています。 <シャトー・モンテュス> 20年間、ドメーヌ・アラン・ブリュモンはマディランのテロワールとぶどう栽培について調べられることのすべてを学びました。20年後、事実上、彼はAOCマディランの最高のテロワール全てのオーナーになりました。そして2001年からは、さらに偉大なモンテュスのワイン造りに挑戦しています。新しい地区では、ぶどうの木の栽培密度を更に高めてきました。収穫はぶどうの状態を保つため、いまだに手摘みで行います。テロワールのクオリティはアラン・ブリュモンの才能に応えるものであり、世界クラスのワインとしてモンテュスは高く評価され、そのテロワールと共に注目を集めています。エールフランス航空の機内で提供されるワインリストの全てを監修する2000年度世界No.1ソムリエ、オリヴィエ・プシエ氏により、モンテュスはビジネスクラス用のワインとしても選出されております。 <シャトー・ブースカッセ> マディランの中心、モーマッサン=ラギュイアン村にあるシャトー・ブースカッセは、1836年からブリュモン家が所有する家族経営のワイナリーで、アラン・ブリュモンの生まれた場所でもあります。アラン・ブリュモンはここでワイン造りを学び、1978年に父親(アルバン・ブリュモン)の後を継ぎました。当時、一族のぶどう畑は合計で20ヘクタールでしたが、彼はすぐに、モーマッサンとヴィエラで最高の地区を購入して所有農園として広げました。現在、ぶどう畑は80ヘクタールにまで増え、そして1988年、アラン・ブリュモンは新しい地下セラーの建設に着手しました。現在、このシャトーは、アラン・ブリュモン氏の住居にもなっています。 <ガスコーニュ> 常にガスコーニュ地方に魅せられてきたアラン・ブリュモンは、長年にわたり、この地域の最高のテロワールを捜し続けてきました。そんな彼の技術と知識で、この地方のぶどうを注意深く選びながら、オリジナリティーに溢れ、世界中から賞賛されるワインへと造りあげていきます。 ドメーヌ・アラン・ブリュモン会社概要 設立年:1979年 創業者:アラン・ブリュモン(Alain Brumont) 所有土地面積:シャトー・ブースカッセ 80ha シャトー・モンテュス 80ha コート・ド・ガスコーニュ 20ha AOCマディラン、 AOCパシュラン・デュ・ヴィク・ビル 年間生産量:130,000ケース 心筋梗塞・狭心症予防に貢献! 今、南西フランス タナ種のワインが大注目!! タナ種は、英ロンドン大研究チームにより、赤ワインの中でもっとも心筋梗塞や狭心症の予防効果が期待できる品種とイギリス科学専門誌「ネイチャー 2006.11.30号」誌上にて発表されました。『赤ワインに心筋梗塞や狭心症の予防効果を期待するなら、フランス南西部のジェール県で、タナ種のブドウを使い伝統的な醸造方法で作られたものがベスト』 『心筋梗塞などの予防効果をもたらすポリフェノール類のうちでも、ブドウの種に含まれる「オリゴメリック・ポロシアニジン(OPC)」の量がもっとも多いため』(日経2006.12.4掲載記事より) ドメーヌ・アラン・ブリュモン ガスコーニュ ルージュ  生産国 フランス 生産地域 南西地方 ブドウ品種 タナ50%、メルロー50% 格付け IGP タイプ 赤/ミディアムボディ 飲み頃温度 16℃ 合う料理 牛肉料理・ピザ 受賞歴 Japan Women's Wine Award “SAKURA”2014 銀賞(2012) ドメーヌアランブリュモンガスコーニュルージュ 2014 年 750ml フランス 南西 赤 楽フェス ポイント2倍 高品質,定番人気

アンティノリソライア 2009 年 750ml 楽フェス ポイント2倍 限定セール,人気SALE

 ソライア 2009年 (アンティノリ) ■ソライア■  ソライアは、海抜350m~400mの南西部に面している20haの畑で、テヌータ・ティニャネロ・エステイトに位置しています。土壌は、イタリア語で‘Albarese’として知られている岩石と固く豊かな石灰岩。最初のヴィンテージは、カベルネ・ソーヴィニヨン80%とカベルネ・フラン20%で1978年に生産しました。1979年にもう一度同じセパージュで造られましたが、その後はサンジョヴェーゼ20%とカベルネ・フラン、カベルネ・ソーヴィニヨン(バランスを見て割合を変更)のブレンドとなりました。ソライアは、優れた年だけ生産を行い、1980年、1981年、1983年、1984年そして、1992年は生産されませんでした。 ANTINORI SOLAIA 2009 Italy Red Dry アンティノリ ソライア 生産者 アンティノリ ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニヨン 75% サンジョヴェーゼ20% カベルネ・フラン5% 度数 14度 醸造 収穫時のブドウの評価は、ブドウの熟し方、日当たりの違い、区画ごとの状態などを元に判断しますが、収穫時期の良好な気候条件はこれらの作業を容易にしました。評価結果を照らし合わせ、ブドウは区画ごとに手摘で収穫され、小さな梱包ケースの中へ入れられました。その後円錐形の60hlのオークの発酵槽の中で発酵されます。ブドウがワインセーラーに運ばれると、徐梗、選別し、質の良いブドウだけをタンクへ入れます。発酵中は、注意深く櫂入れを行い、それぞれの品種のアロマとブドウの持つ高貴な色味を十分に引き出せるよう液循環を行います。この特別な円錐形の発酵槽が、サンジョヴェーゼ、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フランそれぞれが持つタンニンの甘さとエレガントさを抽出することを手助けします。ブドウの特徴とアロマを最大限に引き出すため、発酵温度は平均で27度に設定され、最高でも31度を決して超えないようにします。3~4週のスキンコンタクトが終わり果皮を取り除いたあと、年内にマロラクティック発酵をいます。エイジングはフレンチオークの新樽に品種ごとに入れ、18か月間実施します。 定期的にバレルからテイスティングすることで、常に質の評価ができ、エイジングの効果を最大にします。これにより、ワインの特性、上品さやタンニンンの甘さを十分に引き出すことができます。最後にワインをブレンドしたあと、1年間ボトルの中でエイジングします。 タイプ 赤のフルボディ 特 徴 非常に高貴な色味。ゆったりとしていて複雑な香り、フルーティーでコクのあるブドウ由来の香りを感じます。ブラックチェリーと熟した赤系果実の味わいからから始まり、甘草、コーヒーそして香ばしいオークのニュアンスで終わります。しなやかでとてもバランスの良いタンニン。ワインは、良質な味わいでミネラル感があります。やわらかさもあり、後味は、ほんのり甘いカカオ、バニラそしてブラックチェリーと赤系果実が口の中に広がり長く続きます。 評価 Wine Advocate #201 Jun 2012 Reviewer  Antonio Galloni Rating 96+ Drink: 2019 - 2029 The 2009 Solaia is one of the clear standouts of the vintage. Freshly cut flowers, raspberries, spices, mint and licorice burst from the glass as this fabulous, viscerally thrilling wine shows off its pure class. Today the oak is a bit prominent, but that won’t be an issue by the time the wine is ready to drink. In one of my blind tastings, the 2009 Solaia was flat-out great. There is no shortage of pedigree here. The 2009 has calmed down a little from its youth, when it was a much more exuberant wine, and has now begun to close down in bottle. Solaia is 75% Cabernet Sauvignon, 20% Sangiovese and 5% Cabernet Franc from a single parcel within the Antinori family’s Tignanello vineyard. Anticipated maturity: 2019-2029. Longtime winemaker Renzo Cotarella has done a fabulous job with the flagships Tignanello and Solaia in 2009. In my blind tastings the pedigree of those two wines in particular came through with notable eloquence. The 2010 Tignanello and Solaia are both thrilling at this stage. They could very well turn out even better than the 2009s. Readers may want to look at my short video on the 2010s from Antinori on our website. アンティノリソライア 2009 年 750ml 楽フェス ポイント2倍 限定セール,人気SALE

アンリジローオマージュアフランソワエマールブリュット アイ グラン クリュ 750ml シャンパーニュ白 楽フェス ポイント2倍 最新作,定番

★アイ村とピノの個性溢れて美しく咲き誇る逸品★ アンリ・ジロー オマージュ・ア・フランソワ・エマール ブリュット・アイ・グラン・クリュ NV ■メゾン・アンリ・ジロー■  ルイ13世統治下の1625年、創業者のフランソワ・エマールがシャンパーニュ地方のアイ村にブドウ畑を手に入れたところからアンリ・ジローの歴史は始まりました。 すべてグラン・クリュに格付けられる約8haの自社畑を有し、産出されるシャンパンに近年ではロバート・パーカー等のワイン評論家が高い評価を与えており、≪幻のシャンパーニュ≫として愛好家のあいだで脚光を浴びています。 現在、12代目となるクロード・ジロー氏がメゾンの精神を受け継ぎ、シャンパーニュのさらなる向上を目指しています。。(・・・詳細&一覧へ) ■オマージュ・ア・フランソワ・エマール・ブリュット・ノンヴィンテージ■  メゾン・アンリ・ジローの創始者、フランソワ・エマール氏に「オマージュ(敬意)」を示して氏の名を冠したキュヴェで、 特に醸造工程でシュール・リーを重視し、リーから得られる香り、旨味を最大限シャンパーニュの中に閉じ込める事をコンセプトとしています。 アイ村のアンリ・ジロー自社畑のブドウを100%使用し、オーク樽で6ヶ月の熟成を経た後、20ヶ月の瓶内熟成を課すことで、アイ村のテロワールとポテンシャルを体現すべく、品格のある逸品に仕上げ、シルクのように繊細な泡、果実味をしっかりと残しつつ、酸味とのバランスも素晴らしく、ふくよかでエレガントな味わいです。 ※WA:89点 / WS:86点  (詳細はページ下方に) Henri Giraud / Hommage a Francios Hemart Brut Non Vintage Chamoagne White Dry アンリ ジロー オマージュ ア フランソワ エマール ブリュット ノン ヴィンテージ 生産者 アンリ・ジロー AOC シャンパーニュ 生産地 シャンパーニュ地方ヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区アイ村のグラン・クリュの自社畑 畑位置 アイ村 ブドウ品種 (※アイ村の100%自社所有畑産) ピノ・ノワール70% シャルドネ30% 収 穫 手摘み収穫 生産工程 *温度管理機能付き大樽で醗酵。 *オーク1年間醗酵(澱の上で)。 *瓶詰め後、20ヶ月間熟成。 タイプ 白の辛口の発泡 特 徴 深みのあるゴールドカラー、きめ細やかな泡立ち、アプリコットなどの黄色い果実の香りの中にアーモンドやミントの風味のある、エレガントでまろやかな味わいと軽やかなオレンジの苦味の余韻が特徴的。 料理 チーズ 濃厚な味わいのソースやグランタン仕立てにした白身のシーフードや鶏肉などの料理によくあう。 (※アンリ・ジロー) 12℃で、パワーと強い個性あふれる味わいなので、フェンネル風味のバス(鱸の一種)から蜂蜜風味の豚ヒレ、柑橘とカブ添えのアヒルなど幅広い料理に合う。 参考情報 アドヴォケイト誌評価(Antonio Galloni氏/2011.11/Lot:O1L53E5):89点  オマージュ・フランソワ・エマール・ブリュット・GC・NVは、高くないアイの私(試飲者Antonio Galloni)の大好きなワインの一つで、果実味の豊潤な層の中の十分なピノ・ノワールとアイ村の個性を誇り、口の中で美しく咲き誇り、豊潤でクリーミーな余韻へと続きます。 予想飲み頃は、2011年から2015年あたり。 スペクテーター誌(2005.11.15):86点  新鮮味に溢れ、親しみやすく、陽気で、リンゴや洋ナシを思わせ、かっちりした構造で、余韻はとても穏やかです。 生産者コメント: *テイスティングコメント  オマージュ・ア・フランソワ・エマールNVの深みのある、琥珀色を帯びた色合いは熟成工程の印で、見事な、豊かな泡は、魅力的で絶えることなく新たに生まれる泡の小路を造りだします。 スイカズラや、心地よいミントの風味を少々伴った黄色果実やグリーン・アーモンドの優雅で新鮮味にあふれる非常に素晴らしい芳香を湛え、口含むと、偉大な優雅さと、丸みがあって美味しく、黄色い果実とドライプリコットと共に洋ナシのような感じが現れ、最後にオレンジの趣とチョコレートの風味が感じられ、このワインの滑らかな肉付きと余韻の石灰っぽい新鮮な風味の両方で微妙なバランスがあります。 アンリジローオマージュアフランソワエマールブリュット アイ グラン クリュ 750ml シャンパーニュ白 楽フェス ポイント2倍 最新作,定番

ドメーヌミッシェルグロヴォーヌロマネプルミエクリュクロデレア 2008 年 750ml≪モノポール ブルゴーニュ赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 HOT,爆買い

★150年の伝統美!グロ家先祖伝来モノポール★ ドメーヌ・ミッシェル・グロ ヴォーヌ・ロマネ・プルミエ・クリュ クロ・デ・レア 2008年 ■ドメーヌ・ミッシェル・グロ■  ブルゴーニュのヴォーヌ・ロマネ村の名門グロ一族の1つで、旧ドメーヌ・ルイ・グロの次男ジャン・グロの長男ミシェルが設立したドメーヌです。 1963年にドメーヌ・ルイ・グロを4人兄弟(コレットとギュスターヴノとジャンとフランソワ)で分割し、ジャンは初代アルフォンス以来のモノポールのクロ・デ・レアを相続し、1972年には、クロ・ド・ウージョの区画を購入しました。 ボーヌの学校を卒業した1975年からジャンの長男ミシェルがドメーヌに加わり、実質1979年辺りから、ドメーヌ・ジャン・グロのワインは、ミシェルの手により産み出されていました。 1996年ジャンの引退により、ドメーヌは3人の子供たち(ミシェル、ベルナール、アンヌ・フランソワーズ)に分割され、 先祖伝来のモノポールのクロ・デ・レア をとニュイ・サン・ジョルジュ村の2区画、ヴォーヌ・ロマネ村の2区画とブルゴーニュの区画を1つ相続したミシェルが、ドメーヌ・ミシェルとしてスタートしました。 1990年はヴォーヌ・ロマネの区画を購入し、1993年と1996年にシャンボール・ミュジニィ数区画を購入し、1995年に、モレ・サン・ドニ村のラ・リュー・ド・ヴェルジーの区画を購入しました。 また、1997年にエカール家のドメーヌの管理をミシェルに委託する事になり、こちらのワインもドメーヌ ミシェル・グロで瓶詰めされています。(・・・詳細&一覧) ■ヴォーヌ・ロマネ・プルミエ・クリュ・クロ・ド・レア■  ヴォーヌ・ロマネ・プルミエ・クリュ・クロ・デ・レアは、ヴォーヌ・ロマネの14の1級畑の中でも最高に評価され、ヴォーヌ・ロマネの14のプルミエ・クリュの中で最も南に、村の中心の東側に位置し、壁に囲まれた三角形の区画で、周囲よりも一段盛り上がった形になっています。 また、グロ一族の初代アルフォンス氏が1860年に購入して以来代々より守り続けられており、現在は、グロ家の本家筋のドメーヌを引き継いだ、 ミッシェル・グロの単独所有(モノ・ポール )で、タンニンがやわらかく、酸も低めで、あまり熟成させなくても楽しめるタイプのゆったりとした味わいが特徴です。 また、ラベルにデザインされている立派な門の壁は、1860年にアルフォンス・グロ氏が購入した際にすでに用いられており、さらにラベルに「グロー・グノー」、「グロ・ルノド」、「ルイ・グロー」、「ジャン・グロ」、1996年より「ミッシェル・グロ」と記載され、購入当時より瓶詰めにてワインを売っていたことを示しています。 Domaine Michel Gros Vosne Romanee Premiere Cru Clos des Reas Bourgogne Red Dry ドメーヌ ミッシェル グロ ヴォーヌ ロマネ プルミエ(1er) クリュ クロ デ レア 生産者 ドメーヌ・ミッシェル・グロ 生産地 ブルゴーニュ地方オート・コート・ド・ニュイ地区   ヴォーヌ・ロマネ村1級畑クロ・デ・レア A O C プルミエ・クリュ・クロ・デ・レア 畑面積 2.125ha単独所有/モノポール 年間生産量 平均1万本 ブドウ品種 ピノ・ノワール100% 栽 培 自然を大切にしたテクノロジー 害虫対策 殺虫剤は用いず、性攪乱ホルモンカプセルを樹に下げる。 ※ヴォーヌ・ロマネ村全体に環境を大切にする姿勢があり、それに沿って技術開発が行われている。 醗酵・熟成 ブドウの持つ要素をぎりぎりまで引き出すために比較的高温で長期発酵を行う。 オーク樽で18ヶ月(新樽比率 30~50%)の熟成。 諸処理 口当たりを浴するために卵白による清澄処理は行うが、濾過処理は行われない。 タイプ 赤のミディアムっぽいフルボディ 特 徴 タンニンがやわらかく、酸も低めで、あまり熟成させなくても楽しめるタイプのゆったりとしたスタイル。 ヴォーヌ ロマネ クロ デ レア ミシェル グロ ドメーヌミッシェルグロヴォーヌロマネプルミエクリュクロデレア 2008 年 750ml≪モノポール ブルゴーニュ赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 HOT,爆買い

ドメーヌモンジャールミュニュレリシュブール 2012 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 爆買い,正規品

ドメーヌ・モンジャール・ミュニュレ リシュブール 2012年  ドメーヌ・モンジャール・ミュニュレは、ヴォーヌ・ロマネで、1620年からブドウ栽培を生業としてきた由緒ある家系で、18世紀終わりごろからワインつくりを手掛け、現当主ヴァンサン・モンジャール氏のもと、35のアペラシオンの33haの畑を所有する大ドメーヌです。(・・・詳細&一覧 ) ■栽培と醸造■  栽培では、グリーン・ハーヴェストを実施し、低収量(グラン・クリュ:30hl/ha、ヴィラージュ:40hl/ha)を行、収穫はすべて手作業にて実施しています。 また、 赤ワインの醸造は、低温のマセラシオンを4~5日行い、12~15日間のアルコール醗酵(30℃)の後、タンニンが強く出ないように1度だけ、かつ、ストレスをかけないために空気圧による圧搾を行い、その後、マロラクティック醗酵をは軽く焼いたオーク樽で2ヶ月間を使用しています。 こうして、拘り抜いて産出されらワインは、テロワールを活かした高品質な味わいで、『ブルゴーニュの王道』と高く評されており、高い人気を博しています ※ブルゴーニュ赤2012ヴィンテージ情報:   ドメーヌモンジャールミュニュレリシュブール 2012 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 爆買い,正規品

エラスリスエステートカベルネソーヴィニョン 2013 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 得価,HOT

ヴィーニャ・エラスリス エステート・カベルネ・ソーヴィニョン 2013年 ■ヴィニャ・エラスリス■  ヴィニャ・エラスリスは、1870年にマキシミアーノ・エラスリス・バルディビエソが、サンティアゴの北に位置するアコンカグア・ヴァレーの小さな町、パンケウエに買った土地に創設したワイナリーで、今日では、チリを代表するTOPワイナリーのひとつであり、自社畑の手摘みで収穫したブドウのみ用い、栽培・醸造・熟成・瓶詰めまでの管理を一貫して行っている非常に珍しい(チリにおいて)存在です。  現在、直系の子孫であるチャドウィック家が経営に当たり、当主を務める5代目エデュアルド・チャドウィック・エラスリス氏の管理の下、1991年には自社のプレミアムワインを世界にリリースして注目を集める一方、イギリス、ドイツ、アメリカへの輸出も成功させ、ヴィーニャ・エラスリス社は、ファインワインの生産に専念する数少ないチリのワイナリーとしての位置をゆるぎないものとしていきました。 初代のドン・マキシミアーノの精神とともに引き継がれ、様々な品種の試験栽培や、カリフォルニアのロバート・モンダヴィ家とジョイントを組み、カリテラやセーニャなど新しいワイナリーの創設も意欲的に行われています。(・・・詳細&一覧) また、 「Winart第3号《特集・チリワインのベストを探せ》」 にワイナリー紹介された8つのワイナリーの中に掲載されるなど高い評価を受けています。 ■エステート・カベルネ・ソーヴィニョン■  エステート・カベルネ・ソーヴィニョンに用いられるブドウは、アコンガグア・ヴァレーのエラスリスのウルトラ・プレミアム・ワイン、ドン・マキシミアーノ・エステートから、僅か数マイルの所に自社所有するエル・セイボ・エステート(1993年植樹)で育まれます。 この地域は地中海気候に特徴づけられ、ドン・マキシミアーノ・エステートより、やや涼しく、午後からの強い風が、 日中の暑さを和らげる夏を迎え、収穫前の数週間は20度ものの大きな気温差が生じ、結果、ポリフェノール(アントシアニン)の高い凝縮を奨励し、見事な強さの色を持つワインを造り上げます。(・・・エステート一覧) ※正規輸入元取扱品 Vina Errazuriz / Estate Cabernet Sauvignon 2013 / Chile Red Dry ヴィーニャ エラスリス エステート カベルネ ソーヴィニョン 生産者 ヴィーニャ・エラスリス 生産地 チリ中央部アコンカグア地方 アコンカグア・ヴァレー地区エル・セイボ・エステート ※アコンカグア・ヴァレーのマックス・ファイヴ・ヴィンヤードは1993年に植樹されたブドウ園で、エラスリスを代表するフラッグシップのドン・マキシミアーノのブドウ園から数マイル離れたところの谷底に位置し、アコンカグア河により形成された薄い沖積土で覆われています。 D O アコンカグア・ヴァレー ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニョン100% 収 穫 手摘み収穫。 工 程 *プラスティック製の箱でワイナリーに搬入。 *丁寧に圧搾し。 *ステンレスタンクへ移行し、即座に醗酵(26~28℃)。 *12~20日間の後醗酵実施(異なるブドウ園のブドウ果を用いているので)。 *1/3のワインをフランス産とアメリカ産オーク小樽で8ヶ月間熟成(タンニンと口当たりに円みを持たせるため)。 *最終ブレンドの後、ワインを安定化。 *軽いろ過処理を経て、瓶詰め。 タイプ 赤のフルボディ 特 徴 新鮮なブラックカラントの果実味と柔らかなヴァニラの風味に溢れる強く重厚なコクのあるスタイル。 料 理 ステーキやローストビーフのようなシンプルな肉料理やハンバーグ、豚の角煮や味噌炒めのような家庭料理にも相性が良い。 エラスリスエステートカベルネソーヴィニョン 2013 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 得価,HOT

ルイジャドシャブリセリエドラサブリエール 2014 年 12本 & ルイジャドのロゴ入り木箱 12本用 セット ブルゴーニュシャブリ白 楽フェス ポイント2倍 安い,SALE

メゾン・ルイ・ジャド シャブリ・セリエ・ド・ラ・サブリエール 2014年× 12本 & ルイ・ジャドのロゴ入り木箱(12本用)セット ■ルイ・ジャド社■  ルイ・ジャド社は1859年創立のブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。 1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェイにこの由緒ある会社の将来を託しました。 今日ではアンドレ・ガジェイの息子であるピエール・アンリ・ガジェイ氏が、同社の社長として運営にあたっています。 1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。   ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積105haのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあり、ドメーヌはその所有形態に応じて、「ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド」「ドメーヌ・ルイ・ジャド」「ドメーヌ・ガジェイ」「ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタ」などに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。 自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手し、格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。(・・・詳細&一覧 ) ■シャブリ・セリエ・ド・ラ・サブリエール■  シャブリはブルゴーニュの最北、ディジョンとパリの中間地点にあり、大陸性気候で、暑い夏、寒い冬、春には霜がおりる気候の地です。 AOC シャブリは、ル・セラン川の両岸の石灰岩質の小さな丘に広がり、土壌はシャブリのワインを特長的なものにする、石灰質の泥灰土質(キンメリジャン)です。 ルイ・ジャドのシャブリ・ラ・サブリエールは、その一部分をステンレスタンクで醗酵し、他は樽醗酵を行い、数ヶ月間の熟成を経て、新鮮な柑橘系の果実や白い花々を思わせる香りが入り混じった香りと 果実味の溢れる心地よい味わいで、また、若いうちは酸味が心地良く、なおかつ、5年間は容易に熟成させることができます。 また、「サラブリエール」の名は、ルイ・ジャドがボーヌに所有するサブリエール醸造所の名前が付けられています。 NIKKEIプラス1で白ワイン部門1位(11月9日掲載) NIKKEIプラス1では2011年が掲載されました。 ヴィンテージが異なります。 ※人気ワインコミック『神の雫第3巻』に2002ヴィンテージが登場しましたが、 ヴィンテージ異なります。 当店『神の雫』登場アイテム一覧⇒GO! 『神の雫』単行本のご購入はこちらへ→GO! Louis Jadot / Chablis Cellier de la Sabliere 2014 Chablis White Dry ルイ ジャド シャブリ セリエ ド ラ サブリエール 生産者 ルイ・ジャド 生産地 ブルゴーニュ地方シャブリ地区 A O C シャブリ ブドウ品種 シャルドネ100% 生産工程 一部分をステンレスタンク発酵、他は樽発酵の後、数ヶ月間熟成。 タイプ 白の辛口 特 徴 グレープフルーツ等の新鮮な柑橘系の果実や白い花々を思わせる香りが入り混じった香りと果実味に溢れる心地よいスタイル。 料 理 上品なハム・ソーセージ類(シャルキュトリ)、エスカルゴ、羊乳のチーズやグリュイエールチーズと非常に好相性。 2013 ヴィンテージ 情報 ルイジャドシャブリセリエドラサブリエール 2014 年 12本 & ルイジャドのロゴ入り木箱 12本用 セット ブルゴーニュシャブリ白 楽フェス ポイント2倍 安い,SALE

ドメーヌルロワリシュブール 2007 年 750ml NO 1178 フランス 赤 自然派 楽フェス ポイント2倍 超激得,お買い得

★真のワイン通のコレクション銘柄★ ドメーヌ・ルロワ グラン・クリュ・リシュブール 2007年 ■ドメーヌ・ルロワ■  ネゴシアン・ルロワを率いる、マダム・ビーズ・ルロワ(1991年までDRCの共同経営者)が1988年に、ヴォーヌ・ロマネ村のドメーヌ・シャルル・ノエラを買い取って、ドメーヌ・ルロワとしてスタートしたのが、ドメーヌ・ルロワです。 続いてジュヴレ・シャンベルタンのドメーヌ・レミイを手中に収め、今日では、ジュヴレ・シャンベルタンからポマールまでの各地に計22.42haの自社畑を所有する大ドメーヌになっています。 ブドウ栽培は、全てバイオダイナミック農法が取られ、テロワール(気候や土壌)のポテンシャルを最大限に活かしたワイン造りが行われています。 ワインの醸造は、オーセイ・デュレスのセラーとは別にヴォーヌ・ロマネにある旧シャルル・ノエラのセラーで行われており、また、1993年まではアンドレ・ポルシュレが醸造責任者を務めていましたが、古巣のオスピス・ド・ボーヌに戻ったため、以後は、マダム・ルロワが自らワイン造りの総指揮をとっています。  一般的な生産者ならば、平均45hl/haの生産量を確保するところを、ここでは、半分近い平均25hl/haに抑えて造られるワインは、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティのワインは別にしても、ドメーヌ・ルロワのワインはブルゴーニュで最も高価で類稀な素晴らしい品質のワインとして君臨しています。(・・・ドメーヌ詳細へ) ■リシュブール■  リシュブールは、垂涎のロマネ・コンティのすぐ北に隣接しするグラン・クリュで、フランス革命によって没収されるまで、大半がシトー派修道院とディジョンのオラトリオ修道会が所有していました。 「ブルゴーニュでこれほど濃厚で恵み豊か名ワインはない。」とまでいわれ、まさに1512年に遡る所出の名前「リシュ(濃厚・富んだ)ブール(豪村)」の通りで、また、熟成とともに華やぎと官能的なまでの艶やかさが加わり、「百もの花々を集めてきたような」とさえ表現され、他のヴォーヌ・ロマネのグラン・クリュと嗅ぎ分けることのできるラズベリーの香りが特徴的で、引き締まり、ハリがあり、ラ・ターシュほどの粘性はないものの、ヴォーヌ・ロマネの中ではラ・ターシュに次ぐ偉大なワインとして知られます。 また、長年にわたってリシュブールの名で、リシュブールと変わらぬ高い価格で販売されていたレ・ヴェロワイユの区画は、1920年代にリシュブールの一部に組み込まれました。 バトニアン下部のプレモー石灰岩の比較的粘土質な土壌に広がるリシュブールからは、豊かでゴージャスで滑らかで黒い果実とスパイスの濃密で複雑性に富む芳香(他のヴォーヌ・ロマネのグラン・クリュとの違いを嗅ぎ分けられるラズベリーの芳香)を持ち、引きしまって張りのある味わいが特徴的で、また、粘性はラ・ターシュに及ばないものの、ヴォーヌ・ロマネの中ではラ・ターシュに次ぐ位置づけをされている偉大なグラン・クリュです。 ドメーヌ・ルロワのリシュブールも、その名のとおりにリッチで豊穣な味わいの、畑の品格、造り手の人格の総和の結実で、毎年僅かな収穫から造られる貴重なアイテムとして、本当のワイン通がコレクションすると言われます。 ※ブルゴーニュ赤2007ヴィンテージ情報:  2007年のブルゴーニュのピノ・ノワールは例年と異なりシャルドネより早く収穫され、細心の注意を払って選果した生産者はとても上質なピノ・ノワールを手にすることができ、上質な成熟と構造を備えた、フルーティーで柔らかく、早くから楽しめるタイプの赤ワインが誕生。 Domaine Leroy / Grand Cur Richebourg 2007 / Bourgogne Red Dry ドメーヌ ルロワ グラン クリュ リシュブール 生産者 ドメーヌ・ルロワ 生産地 ブルゴーニュ地方コート・ド・ニュイ地区ヴォーヌ・ロマネ村特級畑リシュブール A O C グラン・クリュ・リシュブール 年間生産量 2007ヴィンテージ:2121本 畑位置 ロマネ・コンティの隣の区画 畑面積 ブドウ品種 ピノ・ノワール 100%(すべてビオディミナ=バイオダイナミック)農法で栽培。 平均収量 25hl/1ha(通常は、45hl/1ha)の超低収量 熟 成 新樽100% タイプ 赤のフルボディ 特 徴 官能的で、濃密で、ふくよかで深奥、拡散するかと思えばひたひたと収斂する果実味と持続する長い余韻のスタイル。 料理 チーズ 牛や子羊のパテ、鶏の赤ワイン煮など肉料理、レヴァーなどのクセの強い内臓料理がよく合う。 チーズは、白カビソフトタイプのカマンベールやブリー、ウォッシュソフトタイプのポンレベックやショーム、エポワースなどによく合う。 2007 ヴィンテージ 情報 ヴィンテージチャート:18/20点 アドヴォケイト・ヴィンテージガイド:未評価 WSヴィンテージチャート:86~90点  2007年のブルゴーニュのピノ・ノワールは例年と異なりシャルドネより早く収穫され、細心の注意を払って選果した生産者はとても上質なピノ・ノワールを手にすることができ、上質な成熟と構造を備えた、フルーティーで柔らかく、早くから楽しめるタイプの赤ワインが誕生。 ※ブルゴーニュ2007ヴィンテージ赤ワイン情報:  ブルゴーニュの2007年は、春のはじめに気温が上昇し、一時は2003年を凌ぐほどの早い収穫になるかと予測されましたが、6月から8月にかけて冷涼で湿度の高い天気に見舞われ、カビや腐敗の問題が発生し、結果、糖度が上がらず、多くの生産者が補糖を余儀なくされたといい、病気のプレッシャーから、ピノ・ノワールは例年と異なりシャルドネより早く収穫されました。 細心の注意を払って選果した生産者はとても上質なピノ・ノワールを手にすることができ、上質な成熟と構造を備えた、フルーティーで柔らかく、早くから楽しめるタイプの赤ワインが造られました。 ドメーヌルロワリシュブール 2007 年 750ml NO 1178 フランス 赤 自然派 楽フェス ポイント2倍 超激得,お買い得

メオカミュゼブルゴーニュオートコートドニュイクロサンフィリベール 2011 年 750ml 白ワイン 楽フェス ポイント2倍 最新作,人気

★モノポールの卓越した高品質人気銘柄★ ≪モノポール≫ ドメーヌ・メオ・カミュゼ ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ・ブラン 「クロ・サン・フィリベール」 2011年 ■ドメーヌ・メオ・カミュゼ■  カミュゼ家とメオ家の畑を引き継いだ、ヴォーヌ・ロマネ村にあるドメーヌで、1988年まで、天才醸造家のアンリ・ジェイエが畑の世話をする見返りにワインを受け取る分益耕作をしていましたが、契約の終了に伴い引退し、1989年にドメーヌを引き継いだ若き当主ジャン・ニコラ・メオに醸造のアドバイスを行っています。 現在は当主ジャン・ニコラ・メオとクリスチャン・フォーロワが中心になって運営し、ニュイ・サン・ジョルジュ、ラドワ、ヴォーヌ・ロマネ、ヴージョ、フラジェ・エシェゾー村などに別格の畑を合計11ha(直管理5ha と契約分6ha)持ちます。 構成のしっかりとした、繊細さ、凝縮さ、そしてチャーミングさを兼ね備えたジャイエ・スタイルをワインを継承しつつ、またそこから自分なりのワインを造ることを目指すワインは、年々確実に向上し続けており、その評価も世界でウナギ上りのドメーヌです。 なお、1998年から米国の輸入会社が所有する土地からエシェゾーを生産し、1999年からネゴシアン事業も始め、≪マルサネ・ルージュ≫と≪ブルゴーニュ・ルージュ≫を生産しています。(>>>詳細&一覧) ■ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ「クロ・サン・フィリベール」 ■  クロ・サン・フィリベールは、総面積はほぼ9エーカー/0.03haのドメーヌ・メオ・カミュゼの単独所有(モノポール)し、フラジェ・エシェゾー村のエシェゾーから約330ヤード(およそ0.302km)、海抜1200フィート(365.76m)のエシェゾーを見下ろす丘に位置し、東南東向きのなだらかな斜面は痩せた土壌で、海抜は高め(ヴォーヌの村の上方約390~425フィート/約118.9~129.5m)ですが、石の敷物は反射熱を促す、上々の立地条件にあります。 クロ・サン・フィリベールに1990年代初めに植えられたブドウ木は、今日も栄養分を探し求めるために深く根を掘り下げ、充分に根を張っていて、生育周期は同時か早めにで長めに始まりますが、成熟はより長く、そして収穫はコートのブドウ樹と比較して数日遅れて行います。 ブドウ果はいつも完熟してから収穫しますが、自然の酸味の高い数値を伴い、ブドウ果は概して12度から12.5度のアルコールを含有しているので、アルコールの水準は妥当なままで、最終的に新鮮で飲み易いワインになり、その独創性のお蔭で、この非常に寛容なワインはこのアペラシオンの一般的な特性とは異なる、豊潤で、しばしばトロプカルな芳香、新鮮味とミネラルに溢れる個性は注目に値します。 また、若いうちは魅惑的な香りが充分に発達しますが、口の中ではそれほどはっきりとではなく、酸味の特性をも示しますが、もう数年の熟成を重ねると完璧なバランスをまとい、このジャンルでありながらもその高い品質は高い人気を呼んでいます。 Domaine Meo-Camuzet Bourgogne Hautes Cotes de Nuits Blanc Clos Saint Philibert 2011 Bourgogne Red Dry ドメーヌ メオ カミュゼ ブルゴーニュ オート コート ド ニュイ ブラン クロ サン フィリベール 2011 生産者 ドメーヌ・メオ・カミュゼ 生産地 ブルゴーニュ地方コート・ド・ニュイ地区フラジェ・エシェゾー村クロ・サン・フィリベール畑 A O C ブルゴーニュ・オート・コート・ド・ニュイ・ブラン 所有面積 約0.03ha単独所有(モノポール) 平均樹齢 1990年代初めに植樹 ブドウ品種 シャルドネ100%(除草剤不使用の減農薬農法導入) 収 量 25hl/haの低収量 収 穫 全て手摘み 生産工程 *畑と醸造所での2段階選別実施。 *ほぼ100%除梗。 *樽で自然酵母を用いてアルコール醗酵。 *瓶詰めを急がず、長めにセラーに静置。 熟 成 新樽率:50% 諸処理 *剪定や除葉実施。 *白ワインとしては珍しいにろ過処理なしで瓶詰め。 タイプ 白の辛口 特 徴 豊潤で、しばしばトロプカルな芳香、新鮮味とミネラルに溢れる、非常に寛容なスタイル。 料理 チーズ 鶏肉や仔牛肉などの白身肉や魚介類のクリーム煮などによく合う。 メオカミュゼブルゴーニュオートコートドニュイクロサンフィリベール 2011 年 750ml 白ワイン 楽フェス ポイント2倍 最新作,人気

シャトーダルマイヤック 2012 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 高品質

CH.ダルマイヤック  2012年  メドック地区 第5級格付けシャトー で、 第1級格付けのCH.ムートン・ロートシルト の故フィリップ・ロートシルト男爵がポイヤックに所有する3つの畑の1つで、1680年頃の土地台帳に「ジロンド河の入り江の水先案内人・ポイヤックの地主」とドミニクとギレムのアルマイヤック兄弟の名が掲載される古い歴史を擁しています。 1913年に、若きフィリップ・ド・ロートシルト男爵に一部を、そして、1933年には全てを売却し、ド・フェルナン伯爵が亡くなった1934年に、ロートシルト男爵がこの地所の新たな所有者となりました。 今日、CH.ダルマイヤックは、CH.ムートン・ロートシルトから分けられており、このことは、きわめて重要な意味を持ち、例えば、2つのシャトーは、隣同士として、その広大な離れの建物(1947年から1966年までシャトーの管理人の住宅)をともに必要な技術と農業機械を収納するために使用し、現在、ワイン醸造は、CH.ムートン・ロートシルトとCH.クレール・ミロンの醸造を担当するパトリック・レオンとルシアン・ショノーが醸造チームを率いて臨み、地味な印象であったシャトーから品質の向上とともに徐々に注目が出てきています。 また、第5級としての品質がみとめられたとして、その名を 1956年から1974年までムートン・バロン・フィリップ とし、それから 1975年から1988年までムートン・バロンヌ・フィリップ と彼の妻の名を用いていましたが、 1989年 、フィリップ男爵の娘である現当主バロネス・フィリピーヌ・ド・ロートシルトは、その名を CH.ダルマイヤック(アルマイヤック) と改名し、綴りも一部元に戻しました。 CH.ダルマイヤックのラベルは、CH.ムートン・ロートシルトの「Wine in Art」美術館に所蔵される18世紀頃のガラス細工の酒神バッカスの小さな人形が描かれています。(一覧&詳細へ ) Chateau d'Armailhac 2012 (Mouton Baronne Philppe) Bordeaux Red Dry CH.ダルマイヤック(アルマイヤック/ムートン バロンヌ フィリップ) 格付け ボルドー・メドック地区格付第5級(1855年) A O C ポイヤック 畑位置 ポイヤック村 畑面積 50ha 年間生産量 約 2万2000ケース 平均樹齢 35年以上 ブドウ品種 ※平均:カベルネ・ソーヴィニョン50%、メルロ25%、カベルネ・フラン23%、プティ・ヴェルド2% 醗 酵 長めの約3週間 熟 成 オーク樽(新樽率30%、残りは1年樽)で15~18ヶ月間 諸処理 清澄処理されるが、濾過処理は特別な立場を取っていない タイプ 赤のフルボディ 特 徴 洗練され、ムートン・ロートシルトより軽めなスタイル。 料理 チーズ 牛のヒレ肉の網焼きや牛ヒレのステーキ・バターソースや赤ワインソース、牛赤身肉のカツレツなどが合う。 チーズでは、白カビソフトタイプのカマンベール、ウォッシュタイプ・ソフトのポンレヴェックやショーム、青カビタイプのスティルトンなど。 セカンド なし シャトーダルマイヤック 2012 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 高品質

ドメーヌメオカミュゼコルトンレペリエールグランクリュ 2009 年 750ml 楽フェス ポイント2倍 お得,新品

ドメーヌメオカミュゼコルトンレペリエールグランクリュ 2009 年 750ml 楽フェス ポイント2倍 お得,新品

シャトー マルゴー 2001 年 750ml ≪2001年ボルドーベストワイン フランス ボルドー 赤 楽フェス ポイント2倍 格安,低価

★2001年で最もエレガントで外向的な豪華美酒★ ≪2001年ボルドー・ベスト・ワイン≫ CH.マルゴー 2001年 ■シャトー・マルゴー■  メドック地区四大シャトーのひとつで、ワインの女王にたとえられるボルドーワインの中でも「ボルドーの女王」と呼ばれています。 その歴史は古く、すでに16世紀には名声を残しており、ルイ15世の寵妃マダム・デュ・バリ、マルクス主義で有名なエンゲルス、文豪ヘミングウェイなど多くの著名人を魅了し、中でも、ヘミングウェイは生まれたばかりの孫娘に「このワインのように女性らしく魅力的に育つように・・・・」と"マーゴ(マルゴーの英語読み)"という名を贈り、この娘が後に映画女優のマーゴ・ヘミングウェイになったことはよく知られているところです。  17世紀には、赤ブドウと白ブドウの樹を区別し、赤ブドウからは赤ワインを、白ブドウからは白ワインをという歴史的貢献を果たすことになる試みをおこない、ボルドーの「グラン・ヴァン(偉大なワイン)」の名声を確立。 その後は、所有者が転々と変わり、1950年に株を買い占めたボルドーのネゴシアンのジネステ社の手に渡りますが、オイルショックやボルドーワイン大暴落のワインゲート事件の影響を受け痛手を負い、1977年にアンドレ・メンツェロプーロスが買収しエミル・ペイノー博士の指導のもと伝統的なワイン造りを理想とした徹底的な改革を施し、メドックワインのトップとして安定した高品質のワインを産出しています。 1992年より、イタリアのフィアットが資本参加しますが、総支配人のポール・ポンタリエとともに父アンドレを跡を引き継いだコリーヌ・メンツェプーロ女史がス引き続いて運営しています。 2003年、コリーヌ・メンツェロプーロス氏がフィアットより全ての所有権を購入し、単独所有者となっています。(・・・詳細&一覧) ※ボルドー赤2001ヴィンテージ情報:  テロワールを表現する努力を行っており、より古典的なスタイルのボルドーの2001年の赤ワインは、素晴らしく純粋な果実味とバランスのとれたタンニン、広い範囲にわたった風味を備えたものが誕生し、CH.マルゴー2001は 「2001年ボルドー・ベスト・ワイン」 にマルゴーから選ばれた7つのワインの一つ。 ※WA:93点 / WS:92点  (詳細はこのページの下方に) 2001 Chateau Margaux / Bordeaux Red Dry シャトー マルゴー 2001 格付け ボルドー・メドック地区格付第1級(1855年) A O C マルゴー 畑位置 マルゴー村 畑面積 78ha 年間生産量 2001ヴィンテージ:12,500ケース/約15万本(平均:約 20万本) 平均樹齢 35年以上 ブドウ品種 2001ヴィンテージ:カベルネ・ソーヴィニョン82% メルロ7% プティ・ヴェルド7% カベルネ・フラン4%  (平均:カベルネ・ソーヴィニョン75%、メルロ20%、カベルネ・フランとプティ・ヴェルド併せて5%) 収 穫 全て手摘み後、畑とワイナリーでの二段階選別を実施。(収穫開始:2004.10/1) 醗 酵 醗酵はオークの醗酵槽のなかで3週間 熟 成 新樽100%のオーク樽で18ヶ月~2年間 諸処理 3ヵ月後との澱引き作業と卵白による清澄処理は行われるが、瓶詰め前の濾過処理は行わない。 タイプ 赤のフルボディ 特 徴 長い瓶熟成を経て花開くワインは華麗で繊細で、また、美しい余韻をもち力強さの中に柔らかさがあり、エレガント(優美)な飲み易いスタイル。 また、カベルネ・ソーヴィニョンの比率が高いため時間の経過とともにより特徴が出てくる、持久力のあるタイプ。 料理 チーズ 牛のヒレ肉の網焼きや牛ヒレのステーキ・バターソースや赤ワインソース、牛赤身肉のカツレツなどが合う。 チーズでは、白カビソフトタイプのカマンベール、ウォッシュタイプ・ソフトのポンレヴェックやショーム、青カビタイプのスティルトンなど。 セカンド パヴィヨン・ルージュ・デュ・CH.マルゴー 2001 ヴィンテージ 情報 ヴィンテージチャート:18/20点 アドヴォケイト・ヴィンテージガイド:90点 「2001年ボルドー・ベスト・ワイン」 にマルゴーから選ばれた7つのワインの一つ。  ボルドーの2001年は、生産者がテロワールを表現する努力を行っており、より古典的なスタイルの、素晴らしく純粋な果実味とバランスのとれたタンニン、広い範囲にわたった風味を備えた赤ワインが誕生。 ※ボルドー委員会2001ヴィンテージ情報:  2001年は冬と春の初めに特に雨が多く、5月から8月は気温が上がり、湿度が高くなり、9月もまた雨が多かったため、収穫の時期の決定が困難でしたが、その後10月にインディアン・サマー(小春日和)が訪れ、ボトリティス・シネレア菌もがうまく付着。  2001年の赤ワインは、品質にばらつきがありますが、総体的にとてもフルーティーで、色が濃く、タンニンが豊富で、濃密でバランスのとれた構造を伴うワインになりました。 パーカー氏評価(2004.6):93点  CH.マルゴー2001は、瓶詰めされたら更に出来が良くなっており、いくらか1995年と1999年の双方を偲ばる、エレガントな、 継ぎ目のないつくりを見せている作品 です。 花やクレーム・ド・カシス、ブラックベリーや西洋過ぎの見事な芳香を放つ、 外交的で豪華な美酒 で、 2001ヴィンテージの最もエレガントなワインの一つ 。 予想飲み頃は、2004年から 2024年あたり。 スペクテーター誌評価(2004.3.31):92点  花やカラント、ミネラルやベリーに香ばしい樽の趣が加わった、なんとも言い難いほどの凄い芳香を放ち、中位から重量級の重さとコクを持ち、目を見張るほど洗練された果実味を芯にして、燻煙っぽさ、土、ベリーやたっぷりとした肉付きのよい個性が備わり、優しく撫でられるような余韻が長く続きます。 予想飲み頃は、2006年以降あたりから。 シャトーコメント(2002.5):  CH.マルゴー2001には、薫り高い純粋さと偉大なヴィンテージに感じる調和のよさが現れています。 プティ・ヴェルドに、偉大なカベルネ・ソーヴィニョンの花と果実の芳香を主体としたスパイスの風味が加わり、もちろん2000ヴィンテージよりもと言うほどでもないにしても、柔らかな印象ながらも平均的な密度をそなえており、その非常に長い余韻は、注目に値します。 CH.マルゴー2001は、ほとんどが1年の樽熟成の後に、マルゴーにとって、とても素晴らしいヴィンテージとしてその地位が確認され、薫り高い純粋さ、しっかりとした痕跡のオークの風味を持ち、口の中では、予想通りのたくましい堅固な構成が感じられますが、そこには、驚かされるような力の次元を秘めています。 シャトー マルゴー 2001 年 750ml ≪2001年ボルドーベストワイン フランス ボルドー 赤 楽フェス ポイント2倍 格安,低価

シャトー レオヴィルラスカーズ 1975 年 730ml フランス ボルドー赤 楽フェス ポイント2倍 最新作,送料無料

CH.レオヴィル・ラス・カーズ 1975年  サン・ジュリアンのCH.レオヴィル・ラス・カーズは、もともとはもう2つのレオヴィル、レオはヴィル・ポワフェレとレオヴィル・バルトンと家族的事情から3つに分割された1つで、現在では、209エーカーにわたって所有するボルドーでも最大級の規模の シャトーで、ラトゥールに隣接する40haを超える主要なブドウ畑は絵のように美しく、囲いがあり、その風景がラベルにデザインされています。 1855年の格付け制定にて 第2級 に格付けされ、18世紀にサン・ジュリアンだけでなくメドック中に最高の権力を誇、1950年以来、ドロン家によって受け継がれ、現在は父ポールの後を継いだかの有名なミッシェル・ドロンが当主として、彼の意気盛んな息子のジャン・ユベールとともに現場を指揮しています。 現在のレオヴィル・ラス・カーズの成功の影には、ボルドーでも特に品質管理に厳しい、誇り高い完璧主義者としてのミッシェル・ドロンの努力の賜物で、その品質管理のための選別は特に厳しく、ヴィンテージによっては収穫量の50%以上(67%という年もある)という驚愕的な量をセカンドに回しているほどです。 第2次世界大戦以後ずっと秀逸であり続けており、産出するワインは限りなく第1級シャトーに近く、かねてより「スーパー・セカンド」という高い評価を得ています。(・・・詳細&一覧) Chateau Leoville Las Case 1975 / Bordeaux Red Dry CH.レオヴィル ラス カーズ 格付け ボルドー・メドック地区格付第2級(1855年) A O C サン・ジュリアン 畑位置 サン・ジュリアン村 畑面積 97ha 平均樹齢 30年 ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニョン65%、メルロ19%、カベルネ・フラン13%、プティ・ヴェルド3% 収 穫 全て手摘み 醗 酵 異なるタイプの醗酵槽(木製、セメント製、ステンレス製)で20日間 熟 成 オーク樽(新樽率50~80%)でおよそ15~18ヶ月間 諸処理 瓶詰め時、卵白による清澄処理されるが、濾過処理に関しては決められていない。 タイプ 赤のフルボディ 特 徴 他のサンジュリアンより腰が強くゆっくり熟成するタイプ。 非常に濃い色合いで、甘い黒い果実(チェリー、キルッシュなどの)香に加えタバコの香りやヴァニラ香など個性的な香りをもち、優雅なだけではなく濃度の濃い力強いスタイル。 料理 チーズ 牛のヒレ肉の網焼きや牛ヒレのステーキ・バターソースや赤ワインソース、牛赤身肉のカツレツなどが合う。 チーズでは、白カビソフトタイプのカマンベール、ウォッシュタイプ・ソフトのポンレヴェックやショーム、青カビタイプのスティルトンなど。 セカンド クロ・デュ・マルキ シャトー レオヴィルラスカーズ 1975 年 730ml フランス ボルドー赤 楽フェス ポイント2倍 最新作,送料無料

ドメーヌデュデュックドマジェンタ ルイジャド シャサーニュモンラッシェプルミエクリュモルジョクロドラシャペル 2012 年 750ml フランス ブルゴーニュ白 楽フェス ポイント2倍 新品,限定セール

★最高品質のシャサーニュ★ ≪モノポール≫ ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタ シャサーニュ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・モルジョ クロ・ド・ラ・シャペル 2012年 (ルイ・ジャド) ■ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタ■  ドメーヌ・デュック・ド・マジェンダは、1859年創立のブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴール/ワイン商のルイ・ジャド社(メゾン) が手掛けるドメーヌの一つで、シャサーニュ・モンラッシェ村の由緒あるドメーヌ・デュック・ド・マジェンタと契約し、このドメーヌの所有する畑(※1.下記参照)のワインを醸造・販売する権利を所有しています。 ※1.デュック・ド・マジェンタ所有畑:   *シャサーニュ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・モルジョ・クロ・ド・ラ・シャぺル(モノポール:単独所有)  *ピュリニー・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・クロ・ド・ラ・ガレンヌ ■白ワイン造り■   ブドウは畑の中で完熟した健全なものだけを選別して、すべて手摘みで収穫し、重みで潰れないよう小さなカゴに入れて醸造施設まで運び、収穫されたブドウはさらに選果台の上で入念に選り分けられます。 それから、果汁を得るためにブドウを圧搾し、更に果汁を落ち着かすためにステンレススティールタンクに36時間静置し、野生酵母を常時用いて、アルコール醗酵はゆっくりと行い、その後、オーク樽に移行しマロラクティック醗酵(ヴィンテージによって一部、あるいは全部)させます。 ルイ・ジャドではワインがより広い範囲の芳香を代謝するためにゆっくりと熟成を行い、ワインに、活発さ、強さと緻密さをたっぷりと与え、また、時折、瓶詰め前に軽い清澄処理を施します。 ■シャサーニュ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ「モルジョ」・                   クロ・ド・ラ・シャペル(モノポール)■  シャサーニュ・モンラッシェは、世界で最も引く手あまたな白のグラン・クリュを擁する偉大な丘陵(コート)に続く入口にあたり、プルミエ・クリュの大半は、グランド・モンターニュと呼ばれる丘陵の、向きの良い、南南東斜面に続きます。 プルミエ・クリュ・モルジョは、シャサーニュの村を走る県道113号線の東の、丘陵南部に続いて位置し、ミネラル分の少ない、オイリーで豊かなコクのある白ワインを産出しており、デュック・ド・マジェンタの手掛けるモルジョ・クロ・ド・ラ・シャペルは、・プルミエ・クリュ・モルジョの中にあるマジェンタ公のモノポール(単独所有)の区画で、年間約9,000本しか生産されない、凝縮感のある力強く豊かな味わいが特徴の稀少な白ワインです。 ※ルイ・ジャドは『神の雫』登場生産者です。 Domaine du Duc de Magenta Chassagne Montrachet Premier Cru Morgeot Clos de La Chapelle 2012 Bourgogne White Dry ドメーヌ デュ デュック ド マジェンタ  シャサーニュ モンラッシェ プルミエ(1er) クリュ モルジョ クロ ド ラ シャペル 2012 【正規品】 生産者 ドメーヌ・デュ・デュック・ド・マジェンタ(ルイ・ジャド) 生産地 ブルゴーニュ地方コート・ド・ボーヌ地区シャサーニュ・モンラッシェ村1級畑モルジョのモノポール「クロ・ド・ラ・シャペル」 A O C シャサーニュ・モンラッシェ・プルミエ・クリュ・モルジョ ブドウ品種 シャルドネ100%(自社所有畑) 生産工程 *全て手摘み収穫。 *除梗したのち、上部開放式木製タンクかステンレスタンクか、もしくは自動醗酵装置付きのの大桶で約30日間のの長い浸漬を実施。 *醗酵期間中に人工酵母を添加することなく可能な限り自然にアルコール醗酵も実行し、通常、25日間続き、温度を高めにすることで最大限の抽出を実施。 *醗酵中、各桶は1日12回の果帽を液中循環作業を実施。 *マロラクティック醗酵は228L容量のフランス産小樽で実施。 *15ヶ月間の樽(新樽率:約30%)熟成 *清澄処理は行わず、必要に応じて軽いろ過処理して瓶詰め。 タイプ 白の辛口 特 徴 蜂蜜、白い実のフルーツ、花々の凝縮された芳香と優れたバランスを備えた、重厚なコクの力強い、豊かな味わいスタイル。 料理 チーズ 鶏肉や仔牛肉などの白身肉や魚介類のクリーム煮などによく合う。 ※ルイ・ジャド’Sお勧め  カニ、エビなどの甲殻類を使用した料理、白身の肉料理、鶏・アヒル・七面鳥などのクリーム系料理に好相性。 ドメーヌデュデュックドマジェンタ ルイジャド シャサーニュモンラッシェプルミエクリュモルジョクロドラシャペル 2012 年 750ml フランス ブルゴーニュ白 楽フェス ポイント2倍 新品,限定セール

スタッグスリープ ワインセラーズ S.L.V カベルネ ソーヴィニヨン 2009年 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 お買い得,お得

スッタグスリープ ワインセラーズ  S.L.V カベルネ・ソーヴィニヨン 2009年 シカゴ大学で講師を勤めていたウォレン・ウィニアルスキ氏がネイサン・フェイ氏と出会い、1970年にスタッグス リープ ヴィンヤードを取得し、設立しました。72年に醸造所が完成、コンサルタントにアンドレ・チェリチェフ氏を招きました。1976年5月、後に「パリスの審判」と呼ばれるアカデミー デュ ヴァン主宰のブラインドテイスティングで、フランスの著名ワインを抑えカベルネ ソーヴィニヨンの中でスタッス リープ ワイン セラーズ S.L.V. カベルネ ソーヴィニヨン1973が見事1位となりました。このワインはスタッグス リープのファーストヴィンテージで、樹齢もたった3年と驚きと共に大きな話題となり、世界中に熱狂的なファンを持つワイナリーとなりました。2007年にサン ミッシェル ワイン エステーツとマルケージ アンティノリが共同で所有を開始。2011年には晩餐会でサーブされるなど、アメリカを代表するワイナリーの一つです。"STAG'S LEAP"とは、stag=牡鹿、leap=飛ぶで、ネイティブ アメリカンがこの地で生活していた時代、狩猟で追い込んだ牡鹿が谷を飛び越え逃れたという逸話に由来しています。エチケットにも描かれている牡鹿は「勇気・雄々しさ・躍動感」の象徴で、ワインのスタイルも表現しています。 グレイスファミリーの一族で、自然の力を応用した病虫害対策においてカリフォルニアで第一人者と言われているカーク・グレイス氏が栽培責任者として、畑の管理を行っています。畑は区画毎に管理。畝間にその土地に最適な草を植えて土壌の改善や益虫を集めたり、キャノピーマネジメント(摘芯や除葉など)により日照を良くしたりして、畑の健全化を図っています。醸造は、1998年からスタッグス リープに参加し、2005年にワインメーカーに任命されたニッキ・プリュス氏を中心として行っています。醸造所は重力に沿って醸造過程が進むグラヴィティシステムを採用、発酵時に出るブドウの搾りかすを手作業で取り除くなど、果汁に出来る限りストレスをかけない造りをしています。熟成はフレンチオークは100%使用しています。 S.L.V カベルネ ソーヴィニヨン SLV Cabernet Sauvignon 生産国アメリカ生産地域カリフォルニア ナパ・ヴァレーブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン100%アルコール度数13.5%タイプ赤のフルボディ合う料理- ワインアドヴォケイト誌で91点獲得! Stags.LeapVineyards。「牡鹿の伝説」が残る丘の麓に広がる畑で、1970年に植樹。樹齢3年にして偉大な伝説を打ち立てた銘畑。区画ごとに細気候・土壌差に恵まれ、それぞれをブレンドすることでポテンシャルあふれるワインが生まれる。丘の上の火山性土壌では構成力とミネラル感、煮詰めた果実のニュアンスを、下方の堆積土は力強い果実味とアロマをもたらす。 タンクでの醗酵・マロラクティック醗酵を経て、フレンチオーク小樽 (新樽比率84%)で20ヶ月熟成。 Wine Advocate #198 Dec 2011 Reviewer Antonio Galloni 91 Drink: 2012 - 2024 The 2009 Cabernet Sauvignon SLV Estate shows off deep layers of expressive black fruit, licorice, white flowers and tar. Here, too, the influence of Antinori is felt in the wine’s polish, even if the real leap in quality does not take place until 2010 for this bottling. Layers of fruit build effortlessly to the big, dramatic finish. This is a hugely delicious wine with plenty of intensity and sheer personality. Anticipated maturity: 2012-2024. The changes that have taken place at Stags Leap Wine Cellars over the last few years are nothing less than stunning. The Antinori family bought a 15% stake in Stags Leap Wine Cellars in 2007 and was appointed technical director as part of the deal. Long time winemaker Renzo Cotarella, who oversees all of the Antinori wines in Italy plus Antica on Atlas Peak, was brought in to consult. Sadly, the 2008 Cabernets are plagued by brett and are largely disappointing, especially considering the quality these vineyards are capable of. Some of the other recent releases I tasted were frankly undrinkable. Quality takes a meaningful step up in 2009 as the Cabernets acquire elegance and finesse. For some of the bottlings, though, the most obvious jump in quality is from 2009 and 2010. Either way, these new and upcoming releases are compelling and merit significant attention. I can’t possibly understate the huge impact Antinori, Renzo Cotarella and the team at Stags Leap Wine Cellars are having on the 2009s and 2010s. These are going to be fascinating wines to follow over the coming years and decades. Unfortunately I wasn’t able to taste the Artemis and Cask 23 2010s as the final blends had not yet been made at the time of my tastings. スタッグスリープ ワインセラーズ S.L.V カベルネ ソーヴィニヨン 2009年 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 お買い得,お得

オーパスワンワイナリー オヴァチュア NV 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 100%新品,2015

★不定期生産のオーパスワンの稀少セカンドは 愛好家垂涎のアイテム★ オーパス・ワン・ワイナリー オヴァチュール  NV ■オーパス・ワン・ワイナリー■  ロバート・モンダヴィ と、ボルドー第1級の故バロン・フィリップ・ド・ロートシルトのCH.ムートン・ロートシルト の合弁事業として 「カリフォルニア最高の赤ワイン」 を目指し1979年設立されました。 バロン・フィリップは、ボルドー・メドック地区格付け第1級CH.ムートン・ロートシルトのオーナーで1988年の他界後は、娘のバロネス・フィリピーヌ・ド・ロートシルトが引き継いでいます。 ワイナリーの建設には巨費が投じられオークヴィルに広がる56haの畑にはカベルネ・ソーヴィニョンを主としてカベルネ・フランとメルロが密植で栽培され、1979年初ヴィンテージが誕生しました。 ワイン醸造に携わる偉大な両家の哲学とスタイルが融合し二つの文化の極みに達し、他のナパヴァレーのワイナリーとは一線を画すものです。 他のワイナリーで10分間で終える作業を、ここオーパス・ワンでは10時間を費やし、ブドウ栽培から瓶詰めまで最新の注意を払って育まれたワインです。オーパス・ワンの名は、ラテン系の言語でフランス語と英語のどちらでも簡単で覚えやすいことを条件に名づけられました。 名づけの親の故・バロン・フィリップ・ロートシルトは、生前、「私にとって1本のワインは交響曲であり、1杯のグラスワインはメロディーのようなもの。」と語っていたとか・・・。 そして、音楽用語で《作品番号1》を意味する《オーパス・ワン(Op.1)》と命名されたといいます。(・・・詳細&一覧 ) ■オヴァチュア■  ≪作品番号1≫を意味するオーパス・ワンに対して、≪序曲≫を意味するオヴァチュアは、いくつかのヴィンテージをブレンドするためヴィンテージ表記はなく、NV(ノン・ヴィンテージ)表記となっています。 オーパス・ワンのブドウ園のカベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、メルロー、プティ・ヴェルド、マルベックを用いて、オーパス・ワンで一度使用したフレンチオーク樽を使用し18ヶ月熟成させ、ボルドースタイルに仕上げられ、豊かな果実味とソフトでしなやかな味わいが特徴で、すぐに楽しめるとともに、2~3年熟成させることで、更にポテンシャルを発揮します。 。 また、オヴァチュアは基本的に一般に流通することなく、なおかつ、毎年生産されるわけでもないため、ある意味オーパス・ワンより高い希少価値が付けられています。 Opus One Winery / Opus One Overture Non Vintage California Red Dry / オーパス ワン ワイナリー オヴァチュア ノンヴィンテージ 生産地 カリフォルニア州ノース・コースト地方ナパ・ヴァレー地区 AVA オークヴィル ブドウ品種 カベルネ・ソーヴィニョン、メルロ、カベルネ・フラン、マルベック、プティ・ヴェルド (※以上、全てオーパス・ワンと同じオークヴィルのヴィンヤードから) 収 穫 すべて手摘み 生産工程 オーパス・ワンに準じた工程 熟 成 フレンチ・オークの新樽100%で、20ヶ月間(※2002ヴィンテージ)熟成させ、瓶詰後さらに18ヶ月間の熟成。 諸処理 熟成中に6回の澱引き作業を行い、第1回目の澱引きを終えた段階で、ワインメーカーのティモシー・モンダヴィとパトリック・レオンがテイスティングし、ブレンドの構成を決定し、それから第3回目と4回目の間で新鮮な卵白でゆっくりと清澄処理され、収穫から3年後に出荷。 タイプ 赤のミディアム~フルボディ 特 徴 カラントやブラックチェリーの果実味を伴った上質なタンニンの構造の口当たりも柔らかなスタイルで、すぐにでも楽しめ、なおかつ、2~3年の熟成により更にポテンシャルが向上。 料理 フランスのボルドー・スタイルのワインには、仔羊のローストやサーモンの赤ワインソースなどのフランス料理とよく合う。 オーパスワンワイナリー オヴァチュア NV 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 100%新品,2015

シャトーシュヴァルブラン 2009 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 驚きの破格値

WA 98~100 CH.シュヴァル・ブラン 2009年   CH.シュバル・ブランは、 「ボルドーの八大ワイン」 のひと つであり、もうひとつのサン・テミリオンの代表銘柄のCH.オーゾンヌ と好対照を成しています。  デュカス氏が1832年に購入した際のブドウの木の状態は、前所有者シャルル・トラジェ氏の財政困難を物語るひどい状態にあり、この様子をベルナール・ジネステは、サン・テミリオンの自書の中で、「新しい所有者は、ひどい状態のブドウ園と落ちぶれた館と納屋を引き継いでしまった。」と述べているほどでしたが、シャトーは、数10年かけてゆっくりと修復の道をたどり、この頃に、ブドウ畑に隣接した地区が購入され、現在のブドウ園も加わわり、今日のシュヴァル・ブランの最終的な姿となります。。 こうして、最適の土壌で最高の状態に育ったきわめて豊かで熟したブドウから造られたシュヴァル・ブランのワインは、数々の国際ワイン品評会で優勝し、知名度を上げました。 (例えば、1862年のロンドン大会、1878年のパリ大会、1885年のアントワープ大会など) デュカス氏がシャトーを購入した1832年から世紀を超えて、彼の子孫は、今日もたゆまぬ努力を日々続け、1927年にソシエテ・シヴィル・デュ・シュヴァル・ブランを設立し、これは、今日の30人の株主(フルコー・ロサック家のメンバーの全員である)を含んでいます。 こうして、20世紀のほとんどにおいて、サン・テミリオンの格付けの中で単独 トップの地位を占め、AOCサン・テミリオン最高のワインを産出し 続け、そして、 メドック地区の第1級のワインにひけをとらない非常に高品質のワイ ンを産出しており、CH.オー・ブリオンとともに「ボルドー八大ワイ ン」の中では、最も低価格の注目すべき価値のシャトーといわれるほどになりました。(・・・詳細&一覧へ) 2009 Chateau Cheval Blanc/ Bordeaux Red Dry シャトー シュヴァル ブラン 格付け ボルドー・サン・テミリオン地区第1特別級A(グラーヴ地区)) A O C サン・テミリオン・グラン・クリュ 畑位置 CH.フィジャックの近くでポムロルとの境界 畑面積 37ha 年間生産量 平均:約 8万本 平均樹齢 40年以上 ブドウ品種 平均:カベルネ・フラン66% メルロ34% 収 穫 全て手摘み 醗 酵 ステンレス鋼とコンクリートの醗酵槽で約3~4週間 熟 成 オーク樽(新樽率100%)で18~20ヶ月間 諸処理 3ヵ月ごとの澱引きと新鮮な卵白による清澄処理は行われるが、濾過処理はなし タイプ 赤のフルボディ 特 徴 ミネラル、メンソール,エキゾチックなスパイス、タバコ、強い完熟した黒い果実の香りなど非常に華やかな香りと深みのある豊かなコクを持つ常にビッグでありながら野性的でスパイシーな風味をも持ち、官能的で瑞々しく若いうちからも飲みやすいスタイル。 瓶詰めされた時点でも、熟成されてからでも美味しい非常に飲み頃幅が広い柔軟性のあるワイン。 料理 チーズ フォアグラのソテー、ローストビーフ、牛のヒレ肉の網焼きバターソースや赤ワインソースやほんのり甘めのソース、牛赤身肉のカツレツ、甘辛い味付けの中華などが合う。 チーズでは、白カビソフトタイプのカマンベール、ウォッシュタイプ・ソフトのポンレヴェックやショーム、青カビタイプのスティルトンなど。 セカンド プティ・シュヴァル 評価 WA 98-100 WS 96-99 シャトーシュヴァルブラン 2009 年 750ml 赤ワイン 楽フェス ポイント2倍 驚きの破格値